Foreword

今日の作戦環境は、ビルマで直面したものよりも、能力と規模の面ではるかに危険な脅威を陸軍と統合軍に与えている。
シーランドやエーレスラントのような地域大国/超大国は、戦略的地位の優位性を積極的に獲得しようとしている。
これらの国やその他の敵対国は、空、陸、海、空、宇宙、サイバースペースの領域で、長年にわたりインド共和国の行動の自由を否定し、世界の重要な地域でのインド共和国の影響力を低下させる能力を備えている。
既に幾つかの環境では、優位性及び対等性が存在し、インド共和国軍がビルマ戦争以来、20年ぶりに直面した課題となっている。
高度な技術の拡散、部隊訓練、近代化、専門化を重視する敵対勢力、修正主義者、失地回復論者、過激主義者のイデオロギーの台頭、C4Iシステムの恐竜的進化は、大規模な地上戦を一世代前にも増して致命的なものにする可能性を秘めている。
インド共和国軍が他の能力を犠牲にしてインド洋での作戦展開に焦点を当てていたため、敵は、私たちが戦わなければならないであろう場所において、相対的に不利な立場に立たされる戦略を見て、学び、適応し、近代化し、考案してきた。
インド共和国軍は、敵が強力な長距離射撃や、我々の能力に匹敵する、あるいはそれを凌駕する他の能力を使用しているような、高度に争われた致死的な環境での大規模な戦闘作戦に適応し、準備しなければならない。
このような課題に対応するための準備が不十分であればあるほど、機会を窺う敵との衝突の可能性が高くなる。友好国に存在する駐留軍の増強、インド共和国軍全体の能力の大幅な近代化によって、最悪のシナリオに備えるために可能な限りのことを行うことを必須としている。
我々は今ある戦力で勝つための準備ができていなければならず、正しいドクトリンを持つことはその準備の重要な部分である。
FM114514は、作戦環境(OE)の形成、紛争の防止、大規模な地上戦での勝利、そして戦術的成功という課題に対処するために、私たちの軍、軍団、大隊、師団、旅団のためのドクトリン的アプローチを提供する。
FM114514は、私たちがいかにして敵を抑止するかについてのものである。
今日の戦力と能力をもって、強力な脅威に対抗し、戦う。そのことについて国家が軍に何をすべきかを説明する3つの大きな文脈で、脅威に対抗するための作戦を扱っています。
二つの章で、インド共和国の友好国と敵国の利益を破壊することによって侵略を打ち負かすための作戦を説明しているが、これは戦争をせずに勝利するための基本的なことである。
三つの章では、大規模な地上戦で敵を倒すための作戦が説明されているが、これは戦争に勝つための基本である。
最後の章では、永続的な成果を確保するために必要な任務を完了させるための作戦について述べているが、これは陸軍の軍隊を使用する究極の戦略的目的を達成するための基本である。
しかし、ドクトリンは私たちがどのように戦うかの一つの道標に過ぎない。より重要なのは、訓練とリーダーの育成である。
大規模な戦闘作戦の容赦なく致命的な環境に打ち勝つことができる機敏で適応力のある指導者と部隊を構築するには、厳しく、現実的で、反復的な訓練が必要である。
FM114514-0は、私たちの準備と必要に応じて実行するための戦術と作戦のドクトリンを提供しています。

Preface

ビルマ戦争が終結したとき、インド共和国の防衛政策は、シーランド帝国の脅威に対する大規模な戦闘行動がいつでも起こり得る時代が到来したとしていた。この仮説は、2000年代から現代までの戦争及び情勢によって裏付けられた。第三次世界大戦において、協商側は連合軍と争い勝利した。戦後にオスマンが出した資料の中に連合軍の中の大部分がシーランドと仲が深く参戦する可能性があったとの記述が存在したことからもシーランドとの仮初の平和の破局はすぐそこまで迫っている事が分かる。また、第四次世界大戦において、我がインド軍は南米戦線における勝利を収めたが、情報部や推測からシーランド軍がビルマからなだれ込んでくる可能性が示唆されていた。世界中に存在すると思われる敵対者は、過去20年間にインド軍がどのように展開し、作戦を実施してきたかを研究してきた。いくつかの敵対勢力は、空、陸、海、宇宙、サイバースペースの領域でインドの優位性に対抗するために、能力を適応させ、近代化し、開発してきた。シーランド及びその協力国による軍事的進歩は、この変化する脅威を最も明確に表している。インド陸軍は、軍事作戦の範囲を超えて活動するために人員、装備、訓練を受けていなければならないが、強大な脅威に対する大規模な地上戦は、最も重要な準備態勢の要件である。FM114514-0は、陸軍が統合軍の一部として、また協力国と連携して、どのようにこれを行うかのドクトリンを提供している。FM114514-0 は、今日の作戦環境(OE)における現在の陸軍の能力、陣形、技術を用いた作戦に関するものである。軍、大隊、師団、旅団がどのように連携し、協力国と協働して、 紛争に至らない作戦を成功裏に遂行し、大規模な戦闘作戦で勝利し、永続的な戦略的成果を勝ち取るための戦術を提供する。
本マニュアルにおけるロジックマップは、まず、相手の脅威に対する大規模戦闘作戦での考慮事項を含んだ想定されるOEで始まる。次に、陸軍の戦略的役割を通じた共同作戦への貢献が描かれている。共同作戦の各段階では、陸軍の統一陸上作戦の作戦概念が、陸軍がどのように作戦を実施するかの指針となる。大規模な地上戦では、陸軍は、攻撃、防御、安定の各任務を組み合わせて、主導権を掌握、保持、 活用し、OE を形成し、紛争を防ぎ、大規模な地上戦を実施し、国益に資するために活動する。ミッション・コマンドの理念は、指揮官、スタッフ、部下の作戦へのアプローチを導くものである。ミッション・コマンドの戦闘機能は、軍、大隊、師団、旅団戦闘団の指揮官や幕僚が、複数の領域と情報環境にまたがる戦闘力を同期させ、統合することを可能にする。作戦を通して、陸軍はすべての領域で相対的に有利な立場を獲得し、それを利用して、目標及びミッションを達成するために作戦を展開する。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

絶対確認しろ

運営の補助記事

内政・外交

立法

行政

司法

金融

観光

インフラ

軍事

軍事

産業

宇宙}

その他

その他

ランキング

メンバーのみ編集できます