KOAB
基本情報
種類誘導爆弾
運用者ルートランド空軍
メリナ連邦空軍?
製造2013年
製造元ジェラルド社ミサイル部門
全長11.5m
直径1.2m
重量15.216t
弾頭TNT換算:110t
誘導方式GPS/INS/ガリレオ
危害半径680m


概要

ルートアセシオン・ミーリア帝国が採用する超超大型サーモバリック爆弾。重量は15t超とMOABをも凌ぐ超巨大爆弾と化しており、そのとんでもない巨大さから「すべての爆弾の皇帝」と呼ばれる。デイジーカッターの一種だが、ひとまず市街地に落としとけ的な使い方もできる。寸法はMOP2を参考にしており、XB-7の運用に特化している。
この超大型爆弾の開発はアセシオンで開発が進められており、森に対し有効かつ破滅的な破壊を行うために用意されたものである。危害半径は680mと巨大であり、投下可能な通常爆弾では最強の威力を誇る。

配備

現在のところはアセシオンやメリナに配備されており、XB-7と共に用いられることになっている。
任務は森とゲリラ共の破壊。もしくは隠れたSAMのせん滅。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

絶対確認しろ

運営の補助記事

内政・外交

立法

行政

司法

金融

観光

インフラ

軍事

軍事

産業

宇宙}

その他

その他

ランキング

メンバーのみ編集できます