組織名アルミヤ宇宙航空技術開発機関
予算8560億円

概要

アルミヤ連邦共和国政府の宇宙航空技術開発のための研究機関。現在チャンドラ計画(インド宇宙開発局)?と共同で進めており、他にもガガニャーン2?OIOSEPLDDPAFRR?などの計画も進めている。
インド宇宙開発局?との提携を多く結んでいる。チャンドラ計画のみならず、ガガニャーン2?OIOSEPなどでも提携を結んでおり、インド宇宙開発局?にとっては最も重要なパートナーの一つとなっている。
スーパーコンピューター「メティス」と「メティス2」を保有しており、現在は「メティス3」を運用している。メティスシリーズはBAグループが製造したもので、現行のメティス3は120PFLOPSもの計算力を持っている。

歴史


現在の計画

「インド洋沖軌道エレベーター計画」の略称。インド洋沖750km程度の赤道直下に軌道エレベーターを建設する計画で、現在はAATDAとインド宇宙開発局?による設計と、シグナス社による素材開発が進められている。詳細はURL先を参照。
現在進められている、2030年までに月面基地を建設する壮大な計画。ロケットは初期型が既に完成しており、打ち上げ実験も行われている。2022年中に月の宇宙ステーションである空宙クンバカが建設開始される予定。詳細はURL先を参照。

AFRR?

「Advanced Fully Reusable Rocket(先進完全再利用型ロケット)」の略称で、主にアルミヤ連邦共和国の民間企業によって進められている、先進的な再利用型ロケットの開発計画。完全に再利用可能な一段目と二段目のロケットに、液体メタンと液体酸素を利用した液体燃料ロケットエンジンを搭載する予定である。詳しくはURL先を参照。
「Laser Debris Destruction Plan(レーザーによるデブリ破壊計画)」の略称。増加するスペースデブリの除去方法として、ウルカヌス?が提案、AATDAと共同で開発している、レーザー式スペースデブリ破壊衛星の開発計画である。詳細はURL先を参照。
「Angel Feather計画」のこと。約12000基の人工衛星を打ち上げ、衛星インターネットアクセスサービスを確立する計画で、BAグループデンドロベートクロスレ・オーラスの三社と共に進められている。詳しくはURL先を参照。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

絶対確認しろ

運営の補助記事

内政・外交

立法

行政

司法

金融

観光

インフラ

軍事

軍事

産業

宇宙}

その他

その他

ランキング

メンバーのみ編集できます