Kr-100 ファルケ
写真
用途戦闘機
分類第2世代戦闘機
製造者クロイツ?
運用者ライタ空軍?
初飛行1958年
生産開始1960年
運用開始1960年
生産数100機
運用状況現役

概要

Kr-100はライタ空軍?に配備されている全翼機である。ファルケとは鷹の意味。
この機体はクロイツ社創業者のカール・フォン・クロイツ?によって1945年に開発が開始され、生産・配備までに15年の月日が掛かった。全翼機というのは多翼機と比べ、構成要素が圧倒的に少ないため重量も軽く空気抵抗も少なくなり速度や機動性がとても高くなる。その上、反射物が少ないためステルス性も高かった。しかし設計上、困難が多くあり飛行させ実用化させるというのはとても無理があった。
機体は素材の色、アルミ合金色そのままの色をしている。

研究

この期待の研究にクロイツは大量の時間、過重な労力そして大金をつぎ込んで全翼機の開発に取り組んだ。設計図を書いては消し書いては消し、そしてできた1機の試作機は飛びはしたが、空中で突然コントロールを失い地面に衝突、操縦をしていた大切な1人の社員をも失った。諦めかけていたとき当時の国王、フリードリヒ1世が国中の航空技術者に呼びかけ、クロイツを助けようとした。技術者が集まりできた第2号試作機、この試験飛行パイロットには自らが乗り国王が見守る中、ウィーン国際空港から飛び立った。命懸けの第2号試作機の飛行は無事上手く行き、ウィーン上空を全翼機が飛んだ。そうして完成した全翼機はKr-100という号が付き、ライタ空軍に配備されることとなった。

特徴

この機体が採用された頃にはまだ、ステルス塗装や装置が無く完全に形だけでステルス性を作っている。

レーダー対策

  • 形状
上記でも説明したように、この機体は全翼機のため多翼機よりもレーダーによって探知される面積が少ない。だからといって完全に探知されないわけではない。
  • 兵装の機内搭載
兵装を機体に隠すことによってレーダーに兵装が探知されないようにしている。攻撃する際は兵装扉を開き、そして攻撃をする。

スペック

  • 乗員:1名
  • 全長:5.46m
  • 全幅:11.79m
  • 全高:1.50m
  • 翼面積:33
  • 空虚重量:3,000kg
  • エンジン:クロイツ社製ターボジェットエンジン×2
  • 最高速度:320km/h
  • 巡航速度:300km/h

兵装

  • 固定武装:30mm 機関砲×2
  • 空対空ミサイル×2
  • 爆弾:500kg×2

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

絶対確認しろ

運営の補助記事

内政・外交

立法

行政

司法

金融

観光

インフラ

軍事

軍事

産業

宇宙}

その他

その他

ランキング

メンバーのみ編集できます