概要

国内開発されたブラモスをもとに新開発された超音速対艦ミサイル。神聖アメリゴ連合帝国と共同開発したもので、アメリカとインドの技術が混ぜられて設計されている。
ブラモスと比べ、射程300kmから600km,M2.5クラスからM7まで到達し、射程と速度が大幅に向上している。
この新型対艦ミサイルにはシーランド艦隊に対して有効な矛足りえることを期待されている。
Bramos-ER
全長8.6m
直径0.8m
射程600km
重量空対艦タイプ:2450kg
艦対艦タイプ:3,020kg
推進方式スクラムジェット
速度M7
誘導方式中間誘導:INS+GPS
終末誘導:ARH+IIR
弾頭300kg半徹甲弾頭

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

絶対確認しろ

運営の補助記事

内政・外交

立法

行政

司法

金融

観光

インフラ

軍事

軍事

産業

宇宙}

その他

その他

ランキング

メンバーのみ編集できます