概要

約260kgのCS-X通信衛星を約12000機打ち上げ、地球上どこでもインターネット通信を行うことを可能とする計画。リーベリグループが開発した一段目とフェアリングを再利用するロケットであるポイニクス2に、BAグループが半導体などを、デンドロベートが通信用部品を、クロスレ・オーラスが本体を担当した衛星を60機搭載し打ち上げ、2020年代中に完全な衛星インターネット通信を完成させる。
正式名称は「Angel Feather計画」である。

ポイニクス2

ポイニクス2は一段目とフェアリングを再利用する中型ロケットである。スラスターとフィンによる垂直着陸を実現していることが最大の特徴である。
液体酸素を66Kまで、燃料を266Kまで冷却することで密度を増加させ、燃料搭載量を増加させている他、地上管制システムに頼らない自律型飛行システムを搭載している。
上段と下段を接続している段間構造には、アルミニウムコア炭素繊維複合材が採用されている。1、2段の分離には再利用可能な固定器具をガス圧で押し出して作動させるシステムを採用している。ドームとタンク壁はアルミニウムリチウム合金製で、タンクは信頼性が高く、強度も強い摩擦攪拌接合によって全て製造している。また、第2段のタンクは第1段のタンクを短縮したものであり、多くの部分で同じ工具、材料、製造技術を使用できるようにすることによって製造経費を削減している。
全高約70m、直径約3.7m、質量約580t。低軌道へのペイロードは23,000kg程度で、離床推力は約7600kNである。また、CS-Xを60機搭載することが可能である。

CS-X

CS-Xはクロスレ・オーラスが太陽光電池パネル含む衛星本体を、BAグループが半導体を、デンドロベートが通信用部品を製造し、クロスレ・オーラスが組み立てを担当している小型通信衛星である。
衛星は板状で、重量はわずか260kg程度しかない。CS-Xはこの重量によって高度500km程度という低高度での長期間の活動を可能としている。また、低高度で活動するため高出力の送信装置を搭載する必要がない。これによって圧倒的な低コストを実現している。
エンジンはクリプトンを動力源とするイオンスラスターであり、太陽光電池パネルが生み出した電力によって動く。
活動期間は4年から5年程度で、活動終了が近付くと自動的に減速を開始し、スペースデブリを減らすため大気圏へ突入して処分される。

利益

AF計画でもたらされる利益は、国営のシステム運用企業、AW社(Angel Wing)の株価保有率に従って分配される。
株価保有率は以下の通りである。
企業名保有率
アルミヤ連邦共和国政府50.8%
デンドロベート39.2%
BAグループ5.6%
クロスレ・オーラス4.4%

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

絶対確認しろ

運営の補助記事

内政・外交

立法

行政

司法

金融

観光

インフラ

軍事

軍事

産業

宇宙}

その他

その他

ランキング

メンバーのみ編集できます