南米プレソルト海底油田
基本情報
所在地サントス海盆?
主要株主B.E.S.(ベス)
開発協力海洋技術総合司令部
面積35万2千km2
回収可能埋蔵量200〜340億バレル
産油量214万4,256バレル/日
油質軽質
天然ガス産出量3780万m3/日
南米プレソルト海底油田帝都リオデジャネイロ沖合約250km、海底約2,000m、海底下約2,000〜3,000mに位置する海底油田である。
現在の新生ブラジル帝国の産油量の55%は南米プレソルト海底油田から産出される。
最大のルラ鉱区?の発見以来、海洋技術総合司令部B.E.S.(ベス)を中心に、新生ブラジル帝国の国家プロジェクトの1つとして開発が進められている。

深海調査

海洋技術総合司令部が行っている。
4,000t級測量船のグアナバラとトードス・オス・サントス、掘削船プレソルトによる深海調査を行っている。

石油プラットフォーム船団

B.E.S.(ベス)の投入した11基のB02型石油プラットフォームを維持する為には、大小様々な石油プラットフォーム補給船非常時における消防船や病院設備を有した救難船が欲しく、プラットフォームから石油や天然ガスを回収するシャトルタンカーを中心に、南大西洋海洋サービス?を始めとした民間船舶の船団が存在する。
彼等はリオデジャネイロ港サントス港を基地に、数カ月に渡り活動する為新生ブラジル帝国船籍の船舶だけでは間に合わず、海外からの傭船が数多く参加している。

警備体制

民間船舶や石油プラットフォームの内部はセグレンサ・オデッサに代表される民間の警備会社が担当している。
また、海賊行為の対策の為に新生ブラジル帝国海軍エシュ・マール1基が管制/監視を行い、新生ブラジル帝国沿岸警備隊4100t級カッターによる巡視を行っている。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

絶対確認しろ

運営の補助記事

内政・外交

立法

行政

司法

金融

観光

インフラ

軍事

軍事

産業

宇宙}

その他

その他

ランキング

メンバーのみ編集できます