地中海油田(オスマン連邦架空油田)

所在地ナポリ沖
北緯40.4349
東経13.5321
所有者ハウサマーケティング
種別油田
日産量600万バレル/日
硫黄分0.2%
生産内訳石油ガス 236800t/日
ナフサ 400000t/日
灯油 400000t/日
軽油 400000t/日
重油 150000t/日
その他 50000t/日
分留付近のメガフロートプラント
輸送パイプライン
船舶
推定埋蔵量40年分

概要

オスマン連邦の大型油田、極めて硫黄分の少ないスイート原油にカテゴライズされているほか、超軽油質であるためにガソリンなどを安価に調達できるようになっている。油田としては海底油田であるが中央部に島が存在するため、そこを採掘拠点とすることができた。アスファルト分が逆に少ないために他国から輸入しなくてはならないことがデメリットとされているが超重油質は圧倒的に多いため問題視されることは少ない。採掘コストは2ELC/バレル。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

絶対確認しろ

運営の補助記事

内政・外交

立法

行政

司法

金融

観光

インフラ

軍事

軍事

産業

宇宙}

その他

その他

ランキング

メンバーのみ編集できます