国旗
国章
詳細情報
「ファイル」より地図を添付
国の標語富国
国歌台湾国歌
特性内政特化
公用語一つ目
二つ目
首都台北
最大の都市台北
人口2358万人
憲法台湾共和国憲法?
面積36190km2
国教なし、台湾神聖政府時代からの宗教が多め
通貨日本円
中央銀行台北銀行?
GDP6627億ドル
報道機関 ?
政府首脳
国家元首李宇轩大統領?
補佐何天佑総統?

概要

政治

三島神聖政府連合が崩壊した後、台湾臨時軍政府という名前で、自衛隊(当時)の支援により建国された。その後の混乱期は日本の支援により乗り切り、その年の経済成長率は5,2%にまで登った。政治体制は共和制の民主主義で、世界一の民主主義達成を目標に掲げている。議会である立法院の選挙は大選挙区制で、得票率が全体の0,5%以上に達した立候補者は200万円の供託金を返還される。
200万円という高い供託金は民主主義の達成を阻害しているという批判があるが、記念立候補や売名目的の候補者以外には全員に返還されており、立候補のハードルを上げることにはならないというのが多数派の意見である。また、未来の社会に貢献する政治(持続可能な開発)の促進のために選挙権を18歳、被選挙権を18歳と大幅に若返らせ、逆に議員は70歳という定年を超えると再度立候補することは不可能である。この定年も60歳に引き下げる計画がある。新しい国ということもあり、議員も新しく、この政策は近いうちに成功しそうだ。また、立法院の開始から10年間は官僚に権限を持たせると決められている。具体的には予算の提案や立法の提案などを行い、相談窓口としても利用される。民主主義から離れるリスクのあるこの政策だが、それと引替えに経験不足の議員をサポートする効果があり、容認されている。そのため、世界一の民主主義は15年後の達成が目標とされている。メディアが特定の大企業及びそれとの関係の深い政治家、国に肩入れすることを防ぐために、中小企業でもCM作りができるほどまでCM代を下げることが独占禁止法に盛り込まれている。ちなみにそれにより収入の減少が考えられる放送局に関しては、テレビ税をテレビ所有者から徴収し、年に一度のテレビ世論調査(立法院選挙のように義務※テレビ税を払わなければ投票不能)での局の支持率や番組の人気に応じてテレビ税を財源に国庫支出金が出される。

経済

台湾の経済はとても強力で、人口は2000万人、1人あたりGDPは20000$を超える経済大国である。1人あたりGDPの2万$は先進国の中では低いものと見なされがちだが、購買力平価(労働生産性)においては世界の中で屈指の高さを誇り、都市国家や金融立国以外ではトップクラスである。それを支えるのがスマートフォン、パソコンなどのコンピュータ生産、電気、化学品、鉄鋼金属、機械などである。そして、台北科学技術協力条約?により技術の加速度的な発展が始まり、他の産業も世界に類を見ない発展を遂げると予測される。人口の少ない台湾においては人口の半分にあたる1180万人の観光が存在しており、人口の半分からのインバウンドは驚異的な記録である。外国人観光客含め、台湾では観光の促進を行う政策を行う。

歴史

更新世氷河期時代、台湾は中国大陸と陸続きであり、原住民はここから流入してきたと言われる。現在の台湾で発見された最も古い人類は左鎮人であるが、生活などの情報は残念ながら明らかになってはいない。しかし、旧石器時代にあたる5万年から1万年前には長浜文化という独自の文明があったことが明らかとなっており、現状ではこれが最も古い台湾の歴史だ。新石器時代のものと思われる出土品の中には、貨幣が存在しており、台湾以外の地域との外交があったということがこのことから分かる。オーストロネシア語族にあたる台湾原住民は北から漢族の圧力に遭うこととなり、その際に台湾に逃れたと思われる。周辺国との関係を表すと、琉球の1部であったという記録、中華と冊封体制を結んでいたという記録、倭寇の本拠地となっていた記録などがあり、台湾の独立国があった様子はない。その倭寇の活動が活発化してからというもの、日本人や漢族が移り住み、原住民とは文化が離れていった。そしてその時代は、オランダ、ポルトガル、スペインなどの海洋国家が犇めく大航海時代に突入。アメリカ、フィリピン、アフリカなどの世界各地に植民地を建設されるようになった。台湾も例外ではなく、ヨーロッパ各国から来訪者(現地語でtayouan➡台湾の語源)が増加し、ついにはオランダやスペインが台湾を領有し、アジアにおける貿易や軍事の拠点として使用されるようになった。日本も台湾への領土的野心があり、その当時の日本の統一者である豊臣秀吉は高山国(台湾のこと)に対して朝貢を促す手紙を出し、商人も送り込んだ。その後も2度にわたって軍隊を派遣して領有を試みた。
1642年にオランダの東インド会社はスペイン勢力を追い出して独自の統治を確立。福建省、広東省から漢族の出稼ぎ労働者を募集し、プランテーション建設を試みた。しかし1662年に中華勢力から追放され、オランダは台湾を手放すこととなった。
それから中華統治時代が開始される。オランダを追放した中国勢力は漢民族で、明の系列を持つものである。しかし清朝に明は滅ぼされ、台湾に残された明の種族はその後も台湾を統治し、この時代は明鄭統治時代と呼ばれる。しかし、建国者の死もあり、たったの21~23年で終了。最初の統一台湾独立国は早期に終了した。
滅亡させた清朝は、反清朝の勢力を倒すことが目的であり、台湾の領有は考慮しておらず、消極的であった。しかし王朝の議論により福建省に一府三県で編入。しかし台湾は化外の地として放置され、現地住民も化外の民とされてきた。そのため清朝は台湾に行く女性の渡航を制限し、定住を阻止しようとした。その影響でオーストロネシア語族の原住民と漢民族のハーフである、現在の台湾人が生まれた。しかしながら相次ぐ日本や欧州の進出から清朝は台湾の重要性を理解し、台湾を開発、強化するとこに乗り出した。しかしすぐに日清戦争が開始され、清朝は敗北。台湾も手放すこととなった。日本への編入に反対する勢力が台湾民主国を建国したが、日本に敗れて日本による併合が決定した。日本政府は工業を日本、農業を台湾に分担することとしたため、この時点で農業が発達。さらに日本の働きかけで近代化が進み、学校の建設が続いて就学率は71%に昇った。アヘンの抑制や水インフラ整備と衛生環境の改善を行い、太平洋戦争の際には軍需に合わせて工業化が進んだ。
やがて日本政府が敗戦し、中華民主共和国時代を迎えるが、やがて三島神聖政府連合の一角として台湾が分離。そして2021年11月5日に台湾神聖政府の崩壊と、中華民主共和国連邦の流入により台湾戦争が勃発、日本の支援により中華民主共和国連邦を打ち破り、台湾共和国を建国。

政治

政治のトップ ?
議会 ?
与党 ?
議会
  •  の議会?参照。
選挙
  •  の選挙?参照。
政策

政策一覧

宗教

https://twosixkakuu.playing.wiki/d/%c5%e7%d6%d9%bb...
以前はこの宗教が1強だった。しかし、日本、フィリピン、インドネシア、朝鮮との関係から無宗教、キリスト教、イスラーム教、仏教が流れ着いた。とはいえ古くからの宗教がやはり強く、国民のほとんどが信仰している。

外交

条約・同盟

関係を持つ国家

憲法

  •  憲法?参照

教育

  •  の教育?参照

交通

  •  の交通?参照

制度

  •  の制度?参照

行政

  •  の行政区分?参照

地理

  •  の資源?参照

軍事

  • 台湾共和国軍?参照
防衛を第1にしており、戦争に及んでも先に攻撃することはほとんどなく、あるなら敵基地攻撃程度が関の山だ。
日本の支援が中心で設立されており、日本の影響が強い。使用兵器はほとんどが日本からのライセンス生産で成り立っている。
陸軍は22万人で、山岳師団と装甲車からなる機甲師団がメインである。歩兵装備は充実しており、歩兵装備だけでもヘリが1000機ほど採用されている。
海軍は4隻の空母からなる世界屈指の規模で、2つの空母艦隊と5つの巡洋艦隊、3つの潜水艦隊を使用している。日本の防衛にも協力的で、台湾から沖縄まで戦力を輸送する訓練も行っている。空母を2隻増産し、空母6隻で空母艦隊3運用を目標としている。
空軍は戦闘機を1500機ほど保有しており、台湾より面積の大きい九州でも750機の戦闘機しかないことを考えるととても強力なものと言える。

貿易

各国との貿易

文化・世界遺産

  •  の農業?参照
  •  の世界遺産?参照

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

絶対確認しろ

運営の補助記事

内政・外交

立法

行政

司法

金融

観光

インフラ

軍事

軍事

産業

宇宙}

その他

その他

ランキング

メンバーのみ編集できます