戦争の流れ


\鐐茲忙臆辰垢觜颪魯┘鵐肇蝓爾垢觧櫃鮗膺海謀舛┐襦

∪鐐茲
戦闘前作戦-触接-決戦-戦闘終了後作戦-作戦修正インターバル(反省会)の順番で進む。

戦闘前作戦:戦力の展開、偵察、陣地構築など、予定される戦域での準備行動。両陣営が合意したゲーム内時間(10〜30日を想定)でこれらの準備を行う。

〜7月17日まで〜

E┐寮鐺前作戦を評価し、審判に対して、双方の優位性と劣位性に関わる主張を書面で提出する。審判は戦闘ORの係数(武器性能比)を決定する。提出された意見書を踏まえて、双方の優位点と劣位点について、審判が判断し、公表する。

た╂
戦闘前作戦の各国の動向、戦闘が発生する勢力、地域、戦闘開始予定時刻を主審がリストアップする。

シ萓
リストアップされた全ての戦争をORに従って両軍の被害を判定し、指定時刻に公表する。

戦闘終了後作戦
行動可能な部隊は判定公表後リアル時間1時間以内に戦闘終了後作戦を提出し、臨機的戦果拡張の機会を得る。フェーズ6終了時に、主審は国家の損害率を0から100までの整数で公表する。

Ш鄒鐔了後インターバル
フェーズ終了から7/25まで、インターバルが与えられる。戦略や作戦の修正や、停戦交渉はこの期間中に行う。


一例

ルール

/拡醜颪話耄を守り、審判国の領域は戦闘参加加盟国により保護される
⇔濱兮山歌┐100を上回った国家は無条件降伏に至る。無条件降伏した国家の国力30と軍事ポイントは戦勝国が協議により分割して継承する。
3法∋嫦帖艦艇、航空機は戦闘中に補充できないものとする。
し拡は旧ルールに基づいて編成されるものとする
ト縦蠅紡个垢詆塰から審判国を攻撃した国家は全参加国による制裁の対象となる
戦利品となるものは国力(上限30)および軍事ポイント、人口ベースで20%以下の国土に限定する、これは敗北側の1ヵ国の合計の制限値であり戦勝国の数は関係ない
Ю鏤中の国力は最初の国の宣戦布告の時点で固定される。これは参戦時期による不公平や急激な環境の変化は他国にも重大な影響を与えるためである

宣戦布告拒否条件

A条件またはB条件をクリアしたら宣戦布告拒否可能

A条件:一つでも当てはまるなら可

)擦靴垢て対応できないとき(ただし港貸し出しなどB条件は自動的に全て満たされるものとする)
△い錣罎訝耄が厳格に守られているとき
L世蕕にリスキルと判断されたとき(具体的には4週間以内で十分な国力がないと満たされた時、明らかに利敵行為を行った場合は除く)

B条件:全て満たすなら可

,い錣罎訐鎔茲防隊駐屯がないこと(国内の部隊は除く)
港などの自国拠点の当事国への貸し出しが一切ないこと
自国領域内に当事国の駐屯部隊が一切ないこと
ぜ国領域の通過に関して一貫で許可または不許可を宣言すること許可の場合は国内が戦場になる場合があることに留意すること
イ修發修蘯国が戦争状態でないこと
Π貔擇療事国への利敵行為は行わず審判に一切の作戦計画を提出しないこと(出した場合審判により無効化される)

注意:

/拡修砲茲衄小な割譲などが迂回行為に当たると判断された場合は拒否の却下または是正の命令ができる
言動があからさまに挑発的である場合は宣戦布告拒否はできない

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

絶対確認しろ

運営の補助記事

内政・外交

立法

行政

司法

金融

観光

インフラ

軍事

軍事

産業

宇宙}

その他

その他

ランキング

メンバーのみ編集できます