親衛隊 (Schutzstaffel)は王室?の身辺警護や王室の財産の管理・保護を行う組織。戦時には国王の直接指揮で戦闘に参加する。他国の近衛兵等と相当するだけでなく、宮内庁等にも相当する。
親衛隊
Schutzstaffel
~親衛隊旗
創設1955年12月25日
所属政体ライタ連合王国
所属組織ハプスブルク家?
所在地ホーフブルク宮殿
略称SS
標語Bewachen Sie Seine Majestät selbst wenn es tot (たとえ死んでも国王を護れ)

概要

親衛隊は1955年、フリードリヒ1世によって創設された。この親衛隊は国軍とは違い、国軍は国民によって選出された閣僚評議会議長が最高司令官であるが、親衛隊は国王の命令によって行動する。警察としての機能はなく、あくまで国王やその家族、そしてハプスブルク家が所有する財産の管理・保護を行う。戦時には一般部隊と変わらず戦闘に参加する。

組織

中央組織

親衛隊には本部が置かれ、その下に部署が置かれた。
親衛隊幕僚監部
親衛隊幕僚監部は親衛隊長官や親衛隊大将といった幕僚らで組織される親衛隊の最高機関である。
親衛隊本部
親衛隊本部は親衛隊員の募集と採用を主な職としている本部。親衛隊の中央組織の中では一番楽とされている職。
親衛隊作戦本部
親衛隊作戦本部は警備計画を立てる本部であり、他にも兵站や隊員訓練も作戦本部で行われ、士官学校の運営も行っていた。
親衛隊人事本部
親衛隊人事本部は親衛隊の人事を掌握してる本部。
親衛隊経済管理本部
親衛隊経済管理本部は親衛隊の財政を掌握してる本部。王立企業の経営監督やハプスブルク家が保有する建物の管理を行っている。
親衛隊法務本部
親衛隊法務本部は親衛隊裁判所を傘下に置き、規則違反を犯した隊員に対して処罰を決定する本部。

編成

  • 親衛隊本部:ウィーン、ホーフブルク宮殿
  • 実務部隊
    • SS近衛大隊
    • SS猟兵大隊
    • SS降下猟兵大隊
    • SS山岳猟兵大隊
    • SS装甲榴弾兵大隊
    • SS機甲大隊
    • SS航空隊

保有装備

  • 王室専用機 「アドラー・フォン・ハプスブルク?
  • 王室専用車両 「ウォルフ・フォン・ハプスブルク?
  • 王室専用列車 「ヨーロッパ・フォン・ハプスブルク?

隊員について

入隊までの流れ

親衛隊は国王に仕える役割という観点から、厳しい採用基準が存在する。
  • オーストリア側出身であること。
  • 北方人種であること
  • 1955年まで遡り、北方人種以外の血が流れていないこと。
  • 身長が170cm以上であること
  • ボディマス指数が21以上24以下であること
  • 24歳以上30歳以下であること
  • 大学卒であること
この採用基準を満たすものだけが親衛隊候補生となって早い者は1ヶ月間、遅い者で1年間の訓練を受ける。その後、親衛隊への入隊が許可され、制式な隊員となれる。

制服

一般親衛隊の制服は双頭鷲をイメージした漆黒色をした黒服で、黒いネクタイをつけた白いシャツの上に黒いスーツを着用する。スーツの前ボタンは4つで開襟して着用し、ポケットは胸と腰に2つずつあり、肩章は両肩に着用する。制帽には顎紐、双頭鷲章、鉄十字章が付けられていて、下士官以下は帽子のトップ周りとバンドの上下が白で尉官以上は銀色、将官は金色となって、顎紐は下士官以下が黒い革、尉官以上が銀、将官は金となっている。鷲章と円形章は将官のみ金となっている、それ以外は銀。SS近衛兵の制服は黒の野戦服でヘルメットも黒色で左側に双頭鷲、右側にハプスブルク家の紋章のデカールを貼る。
武装親衛隊はフレックターンの迷彩服を着用している。ヘルメットはSS近衛兵が使用しているものと同様のもの。

階級

親衛隊の階級は19階級存在する。親衛隊長官は階級名ではなく役職名。親衛隊長官は国王の勅令で任命され、将官は親衛隊長官によって任命される。
区分階級
親衛隊長官
幹部将官上級大将
大将
中将
少将
佐官大佐
中佐
少佐
尉官大尉
中尉
少尉
下士官曹長
軍曹
伍長
上等兵
一等兵
二等兵

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

絶対確認しろ

運営の補助記事

内政・外交

立法

行政

司法

金融

観光

インフラ

軍事

軍事

産業

宇宙}

その他

その他

ランキング

メンバーのみ編集できます