概要

初代ライタ国王のフリードリヒ1世によって提唱された。神聖ローマ連合王国構想はゲルマン諸民族を中心に立憲選挙君主国家連合を構成しようというもの。現在、この構想はツィスライタニエン国民やオーストリアの諸侯によって強く支持されているが、現国王のジークリット、トランスライタニエン国民とハンガリーの諸侯は構想に強く否定的。

構想内容

神聖ローマ連合王国旗
神聖ローマ連合王国は国王を神聖ローマ帝国と同じように選挙で選出する選挙君主制を取り入れ、各構成国は独自の政府・議会・司法の三権と軍事を持ち、外交と貿易は連合政府が行う。連合議会は二院で成り立ち、下院は選挙によって選出された議員、上院は各構成国の国王によって構成される。連合公用語としてドイツ語を定め、構成国では個別に公用語を定める。

神聖ローマ連合王国領土

神聖ローマ連合王国領土
神聖ローマ連合王国はアルザス・ロレーヌ、神聖ローマ帝国、ドイツ帝国、オーストリア・ハンガリー帝国領を合わせた広大な領土となってる。

現在の状況

現在では一部の国民から国力があまり無いのにどうやって実現させるんだといった声が多数あり実際、ライタは国力では下位のグループにいる。その上、平和主義者である現国王のジークリットと汎ゲルマン主義国家というところに反対のハンガリー人はこの構想に賛成的ではない。
タグ

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

絶対確認しろ

運営の補助記事

内政・外交

立法

行政

司法

金融

観光

インフラ

軍事

軍事

産業

宇宙}

その他

その他

ランキング

メンバーのみ編集できます