新生ブラジル帝国漁業取締官
所属新生ブラジル帝国漁業管理局
略称CP
エンブレムエビ(ブラジルピンクエビ)
''年齢制限'"18歳以上
必要スキル各種船舶技能
救命技能
新生ブラジル帝国漁業取締官とは新生ブラジル帝国農水省隷下の新生ブラジル帝国漁業管理局に所属する官である。
新生ブラジル帝国の漁業に関わる取締官で、漁業の違法操業(密漁)等を取り締まる。

概要

新生ブラジル帝国の漁業はかつてのクロマグロブームの瓦解と、アマゾンピンクイルカ保護に伴う捕鯨禁止令により遠洋漁業を中心に大打撃を被り、湾内漁業とアマゾン川漁業により何とか形になっていた。
そこで新生ブラジル帝国農水省隷下の新生ブラジル帝国漁業管理局は、水産資源の開拓の一環としてエビとコロソマの養殖を始める。
しかし、慢性化した漁業低迷は、違法操業の増大を招いており、禁漁区での操業や禁漁対象の密漁、はては養殖池での密漁等が相次ぐ。
そこで新生ブラジル帝国漁業管理局は、新生ブラジル帝国沿岸警備隊の協力の元、漁業の違法操業を取り締まる部門を設立、新生ブラジル帝国漁業取締官制度を取り入れ、違法操業に対抗することになる。

用船制度

新生ブラジル帝国漁業取締官は、地元の漁師から選抜された半官半民の官である。
遠洋漁業低迷化から、遠洋漁船を所有しつつも半失業状態に有る漁業従事者から、新生ブラジル帝国漁業管理局が漁船を買い取り、漁船の主要メンテナンスを受け持つ代わりに、元の船長を新生ブラジル帝国漁業取締官として雇い入れる。
取締官は元々所有していた船と、船員とを使い、地元の漁場での取締に従事するために効率が良い。

漁業取締官の権限

半官半民の為に、新生ブラジル帝国自然保護官程の権限は持たないが、民間警備会社よりも権限を持たされている。
取締官は州の取締官監督吏により管理され、権限を超えた事案を不正に濫用した場合は、取締官としての官位並びに、漁業従事の為の許可を取り消される事になる。

漁業取締官の任務

赴任地の漁場での漁船の取締業務に限定される。
取締官は対象となる船舶の臨検を行う権利を有し、新生ブラジル帝国籍の漁船は漁業法において臨検を受ける義務が有る。
取締官は臨検漁船において、漁獲高の記録と実際の漁獲高を整合し、臨検漁船の許可範囲であるかと、禁漁対象水産資源が含まれてないかを調査する。
また、密輸対策の為に、取締官は漁業取締職務内(平たく言えば漁船内部限定)においては、新生ブラジル帝国州警察?と同程度の権限を持たされている。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

絶対確認しろ

運営の補助記事

内政・外交

立法

行政

司法

金融

観光

インフラ

軍事

軍事

産業

宇宙}

その他

その他

ランキング

メンバーのみ編集できます