新生ブラジル帝国海洋観測ネットワーク
種別海洋防災システム
運用海洋技術総合司令部
管理新生ブラジル帝国沿岸警備隊
運用開始2021年
構成ALS型GPS衛星?
南大西洋ケーブルネットワーク
J型海上観測システム?
新生ブラジル帝国海洋観測ネットワーク新生ブラジル帝国の海洋観測システムであり、南米プレソルト海底油田における海洋プラットフォームの保護と、新生ブラジル帝国沿岸域の防災システムとして開発された。

ネットワーク

海上灯台等に設置されているJ型海上観測システム?と、南大西洋ケーブルネットワークのハイドロフォンと海底水圧測定器、航空宇宙技術総合司令部の管理するALS型GPS衛星?により構成されている。
J型海洋観測システム?による海面異常と、海底ハイドロフォンにより海底での異音等の異常とを捉え、それを南大西洋海底ケーブルネットワーク?を使い海洋技術総合司令部

J型海洋観測システム

新生ブラジル帝国海洋観測ネットワークの要になるシステム。
直径5m、高さ18m、重量47.5tの海洋ブイシステムである。
外洋に浮かべた海洋ブイにGPS受信機と通信機器を搭載し、海底にアンカーで固定してあり、リアルタイムキネマティック測位方式により、海面の変動をcmレベルの精度でリアルタイム計測する事が出来る。
計測結果は海洋技術総合司令部内のセンターに常時転送され、通常の風波と津波を弁別するために、フィルター処理を施した結果を判り易くグラフ化する。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

絶対確認しろ

運営の補助記事

内政・外交

立法

行政

司法

金融

観光

インフラ

軍事

軍事

産業

宇宙}

その他

その他

ランキング

メンバーのみ編集できます