データ
形式掘削船
船名プレソルト
所有者B.E.S.(ベス)
運用者バルボーザ海洋開発
排水量90,600(t)'
全長218.0(m)
全幅42.0(m)
高さ17.0(m)
吃水9.2 (m)
機関方式ディーゼルエレクトロニック
主機ディーゼル主発電機×8基
ディーゼル副発電機×2基
アジマススラスター×6基
サイドスラスター×1基
出力91,400馬力
最大速力12ノット
航海速力10ノット
''航続距離14,800海里
搭載人員200名
デリック高さ13.0m
掘削方式ライザー方式
掘削深度3,000km(水面下)
12,000km(海底下)
搭載機ヘリ甲板のみ
搭載艇アビスモ型深海作業艇?×1
掘削船プレソルト新生ブラジル帝国船籍の掘削船。
随所に「ちきゅう」の運用データが反映されており、2020年10月の段階では世界最大かつ世界最高能力を有する掘削船である。
2021年10月に所有権が海洋技術総合司令部からB.E.S.(ベス)に移行し、運用されている。

船名

プレソルトとは帝都沖合のエスピリトサント盆地、カンポス盆地、サントス盆地の大水深に存在する延長約1,000km、幅数100kmに及ぶ下部白亜系岩塩層直下の炭酸塩岩を貯留岩とする大水深・大深度の新プレイの呼称で、大規模な海底油田の存在が認められている場所の事である。
B.E.S.(ベス)を筆頭に第規模な開発調査が行われている。

設備

掘削設備

中空のライザー式ドリルを使用する。
ライザー式ドリルは中空部分より泥などを排出するドリルで、これにより掘削面の抵抗を減らし、ドリルへの負荷を減らす。
また、深海3,000mの海底面の地下1,2000mまで連結可能となる。

研究設備

海底より採取した物を分析する設備でCTスキャナーを備えている。
また、深海作業艇の管制もここで行う。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

絶対確認しろ

運営の補助記事

内政・外交

立法

行政

司法

金融

観光

インフラ

軍事

軍事

産業

宇宙}

その他

その他

ランキング

メンバーのみ編集できます