基本データ
艦種ミサイル巡洋艦
艦名州都の名前
運用者新生ブラジル帝国海軍
級名ヴィトーリア級
就役期間2021年〜
除籍現役
建造リオデジャネイロ造船所
満載排水量15,200(t)
全長190.0(m)
全幅24.5(m)
吃水8.5(m)
機関方式統合電気推進式
主機/電源ディーゼル発電機 (35 MW/47,000 hp)×2基
ディーゼル発電機(3.8 MW/5,100 hp)×2基
バイオエタノール発電機(1,200 kW)×4基
コンバーチーム式電動機(20MW/27,000 hp)×4基
速力35ノット
''航続距離7000海里/16ノット
行動可能日数45日
乗員200名
兵装127mm速射砲×1
SDAC27×2
短距離アルケイロミサイルVS36発
中距離アルケイロミサイルVLS24発
パボル弾道弾迎撃ミサイルVLS24発
イスシリング近接防空ミサイル24連装×2
アーパオ対艦ミサイルMk2 4連装×4
3連装対潜魚雷発射管×2
C4I新生ブラジル帝国海軍戦術支援システム?
新生ブラジル帝国防空システム
新生ブラジル帝国対潜戦術システム
新生ブラジル帝国戦術航海システム
レーダー多機能型レーダー
3次元レーダー
ソナー艦首型
曳航式
対電子戦電波探知機
6連装デコイ発射管×4
艦載機SH-3 ガリボータ・マール
UAV
等を2機
ヴィトーリア級ミサイル巡洋艦新生ブラジル帝国海軍の巡洋艦。
ペトロポリス級駆逐艦を一回り大きくした様な外観をしており、能力もペトロポリス級駆逐艦を強化した仕様になっている。

能力

防空能力

新生ブラジル帝国防空システムを採用しているが、レーダーの出力を上げ、探知距離が500kmに向上している。
VLSは96基。バボル弾道弾迎撃ミサイル?、中距離アルケイロミサイル、短距離アルケイロミサイルを4発単位で載せ替え可能。
近接防空に関しては、イスシリング近接防空ミサイル24連装を2基に加えて近距離防衛を兼ねたSDAC27を2基搭載してる。

対艦能力

主砲の127mm速射砲とアーパオ対艦ミサイルMk2(射程250km)4連装を4基搭載している。

対潜能力

新生ブラジル帝国対潜戦術システム
船首式ソナー(探知距離2キロメートル 〜24キロメートル)、曳航式アクティブソナーの情報を水中攻撃指揮装置にて管制し、短魚雷(射程7.3km、速度28ノット/水深365m、広帯域音響振動子アレイセンサー)にて攻撃する。

新生ブラジル帝国での運用

海軍大佐(Capitão-de-mar-e-guerra)をもって艦長に当てる。
南大西洋艦隊に配属されており、任務は艦隊/戦域防空となる。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

絶対確認しろ

運営の補助記事

内政・外交

立法

行政

司法

金融

観光

インフラ

軍事

軍事

産業

宇宙}

その他

その他

ランキング

メンバーのみ編集できます