近日中に新ルールに移行します。再度アナウンスがあるのでそれに従ってください。暫定措置としてミサイル、ドローンの項目を追加しました。

軍事ルールの見直し案となります



航空機、ミサイル、UAV

戦闘機は○○機まで、その他は○○機まで、と現行のルールで決められているが、同じ1機であれば軽攻撃機よりもステルス爆撃機を採用した方が効率がいいことは明らかである。

そこで「その飛行機は戦闘機何機分のお値段なの?」という形で航空機の価格レートを設定した。先述のステルス爆撃機であれば、1機のコストは戦闘機30機分となる。

よって、ステルス爆撃機を1機配備した場合、自国の航空機保有枠から30機分が差し引かれることになる。対戦闘機の価格レート表を以下にまとめた。

戦闘機・戦闘爆撃機

射程30km以上の空対空ミサイルを運用できる有人航空機を戦闘機とする。これらの機体は世代でクラスを分類する。
戦闘機クラス分類一覧
種別コスト該当機
A級機30該当なし
B級機20該当なし
C級機10第5世代戦闘機
D級機3第4++世代戦闘機
D級機2第4+世代戦闘機
E級機1第4世代戦闘機

また、以下のオプションを設定できる。
  • 超音速巡航能力+:+1級
マッハ1.3以上マッハ1.7未満の超音速巡航能力。
  • スーパーステルス(第5世代機限定):+1級
ステルス性を示す指標であるRCSがF-22相当の0.001屬泙脳さくなる。デフォルトの第5世代機を含めたステルス航空機のRCSは0.01屬任△襦
  • ハイパーステルス(第5世代機限定):+2級
ステルス性を示す指標であるRCSがF-22よりも小さい0.0001屬泙脳さくなる。デフォルトの第5世代機を含めたステルス航空機のRCSは0.01屬任△襦
  • 統合火器管制対応:+1級
自機のセンサーが捕捉していない目標に対して、他のセンサー機からの情報をもとに交戦できる。

爆撃機・攻撃機

対地対艦攻撃を主任務とする友人航空機を爆撃機、または攻撃機とする。これらの機体は自重(空虚重量)でクラスを分類する。
対地攻撃機クラス分類一覧
種別コスト該当機
A級機30空虚重量70~150トン
B級機20空虚重量40~70トン
C級機10空虚重量20~40トン
D級機3空虚重量10~20トン
E級機2空虚重量5~10トン
F級機1空虚重量5トン未満

また、以下のオプションを設定できる。
  • 超音速巡航能力+:+1級
マッハ1.4未満の超音速巡航能力。
  • ステルス:+1級
ステルス性を示す指標であるRCSがB-1B相当の1屬泙脳さくなる。デフォルトの爆撃機のRCSはEF級で1屐DE級で10屐AB級で1000峙蕕任△襦
  • ハイパーステルス(第5世代機限定):+3級
ステルス性を示す指標であるRCSがB-2A相当の0.01屬泙脳さくなる。
  • 統合火器管制対応:+1級
自機のセンサーが捕捉していない目標に対して、他のセンサー機からの情報をもとに交戦できる。

大型・中型・小型の違い

爆撃機と同様に自重(空虚重量)で区別する。
大型:40トン以上
中型:10トン以上40トン未満
小型:2トン以上10トン未満

ヘリコプターの分類

自重と能力で区別する。
重量
大型:10トン以上
中型:3トン以上
小型:3トン未満
能力
特殊作戦ヘリ:夜間でも昼間と同じように地形追従飛行や接地ホバリングなどが行える夜間作戦遂行能力を有するヘリ。
作戦ヘリ:夜間も限定的な作戦行動能力(離発着、直線飛行など)を行える作戦任務ヘリ。
輸送ヘリ:昼間のみ作戦行動可能なヘリ。戦域移動(後方→後方)は夜間でも可能。

ちなみに…
分類は抽象的ですが、モデルとなった航空機はあるので気になる方は確認してください。

海軍

艦艇の分類を以下のように改める。
艦艇クラス分類一覧
種別コスト該当機
1級艦50NP排水量8〜20万トンの戦闘艦
排水量4万〜10万トンのシステム艦
排水量10000〜20000トンの次世代潜水艦
20万トン超は運営と相談
2級艦20NP排水量4万〜8万トンの水上戦闘艦
排水量2万〜4万トンのシステム艦
排水量15000トン以上の次世代システム艦
排水量1万〜2万トンの原子力潜水艦
排水量5000〜10000トンの次世代潜水艦
3級艦15NP排水量2万〜4万トンの水上戦闘艦
排水量15000〜30000トンのシステム艦
排水量10000〜15000トンの次世代システム艦
排水量4000〜10000トンの原子力潜水艦
4級艦10NP排水量1万〜2万トンの水上戦闘艦
排水量5000〜15000トンのシステム艦
排水量8000〜10000トンの次世代システム艦
排水量4000トン未満の原子力潜水艦
50000トン以上の非戦闘艦
5級艦5NP排水量5000〜10000トンの水上戦闘艦
排水量2000〜5000トンの潜水艦
30000トン〜50000トンの非戦闘艦
6級艦3NP排水量2000〜5000トンの水上戦闘艦
排水量2000トン未満の潜水艦
20000トン〜30000トンの非戦闘艦
7級艦2NP2000トン未満の水上戦闘艦
10000トン〜20000トンの非戦闘艦
8級艦1NP10000トン未満の非戦闘艦
※システム艦:高度な防空システムを備えた艦隊防空ミサイルを運用可能な艦艇

陸軍

海軍と同様、核保有制限数が陸軍ポイントになる。保有制限数300の国家には300陸軍ポイント(以下AP)が与えられ、その枠内で好きな師団ユニットを購入する。

基本的に重装備の師団ほど高価になる。中身や呼び方はプレイヤーの自由。帳簿は公開制として全員で相互監査を行う。運営の管理負担はない。また、公開される帳簿以外では、師団の名前は自由に変えてよい。(機甲師団→戦車師団)など。

陸軍師団の値段一覧

基本師団
基本師団はそのまま戦力になる。オプションをつけることも可能。
  • 軽歩兵師団:1AP
  • 自動車化歩兵師団:2AP
  • 装輪装甲化歩兵師団:5AP
  • 騎兵師団:8AP
  • 機甲師団:10AP
  • 砲兵師団:10AP
  • 空中機動師団:20AP*1
  • 化学戦師団:15AP
  • 海兵旅団:30AP*2
  • 空挺旅団:15AP*3
  • 野戦防空旅団:5AP
  • 戦域防空旅団:10AP
  • ミサイル防衛旅団:10AP
それぞれの部隊の保有装備
※輸送支援車両は含まない
スペック凡例
(車両の一般名)(機動/火力/防護):台数

軽歩兵師団

装輪装甲化歩兵師団

騎兵師団

機甲師団

砲兵師団

自走砲兵師団

空中機動師団


[END]

海兵大隊

野戦防空旅団

戦域防空旅団

ミサイル防衛旅団

核兵器

核保有制限が核ポイントになる。(陸軍と同じ仕組み)。核ポイント(以下NP)を消費することで、より強力な核兵器を手に入れることができる。

核兵器の価格一覧

放射線兵器(1kt未満):0.1NP
戦術核兵器(1kt〜500kt):10NP
作戦級核兵器(500kt〜3Mt):30NP
戦略核兵器(3Mt〜):100NP

列強制度

中堅国

核保有制限100以上となった国家は「中堅国」となる。陸ポイント、海軍ポイント、核ポイントがそれぞれ+100される。また、中堅国は以下の中から国家特性を1つ選べる。
[Ψ浬纏襦陸軍ポイントが+20%される。
海軍重視:海軍ポイントが+20%される。
9匐海軍化:艦載機の配備制限数が+50%
ざ軍重視:空軍航空機の配備制限数が+50%される
コ棒鑪重視:核ポイントが+20%される。

先進国

核保有制限200以上となった国家は「先進国」となる。陸ポイント、海軍ポイント、核ポイントがそれぞれ+200される。また、先進国は以下の中から国家特性を1つ選べる。
[Ψ浬纏襦陸軍ポイントが+30%される。
海軍重視:海軍ポイントが+30%される。
9匐海軍化:海軍艦載機の配備数が+100%される。
ざ軍重視:空軍航空機の配備制限数が+100%される
コ棒鑪重視:核ポイントが+30%される。

列強

核保有制限が300以上となった国家は「列強」となる。陸ポイント、海軍ポイント、核ポイントがそれぞれ+300される。また、列強国は以下の中から国家特性を1つ選べる。
[Ψ浬纏襦陸軍ポイントが+50%される。
海軍重視:海軍ポイントが+50%される。
3な実盻纏襦Сな実皺然覆30→10ptになる。
ざ挺軍重視:空挺師団の価格が15→5ptになる。
コ棒鑪重視:核ポイントが+30%される。

大国

核保有制限400以上となった国家は「大国」となる。陸ポイント、海軍ポイント、核ポイントがそれぞれ+600される。大国となった国家は次世代システム艦、次世代潜水艦を購入可能。また、大国は以下の中から国家特性を1つ選べる。
[Ψ浬纏襦陸軍ポイントが+50%される。
海軍重視:海軍ポイントが+50%される。
9匐海軍化:海軍艦載機の配備数が+200%される。
ざ軍重視:空軍航空機の配備制限数が+200%される
コ棒鑪重視:核ポイントが+50%される。

覇権国家

核保有制限が600以上となった国家は「覇権国家」となる。陸ポイント、海軍ポイント、核ポイントがそれぞれ+1000される。また、覇権国家は以下の中から国家特性を1つ選べる。
(睚室腟繊Ъ動車化歩兵師団、軽歩兵師団、装輪装甲歩兵師団が半額になる。
∪鐚崋腟繊У々短嫦帖騎兵師団が半額になるが、それ以外の陸軍ユニットが倍額になる。
Kな室腟繊砲兵師団と自動車化歩兵師団が半額になる。それ以外の陸軍ユニットが倍額になる。
ぢ膣狼靄ぜ腟繊特級艦のコストが半額になる。3〜6級艦のコストが倍額になる。
ソ簍隆和蘯腟繊2〜4級艦のコストが半額になる。特級艦、1級艦のコストが倍額になる。
水中決戦主義:原潜のコストが1/3になる。特級艦、1級艦、2級艦のコストが倍額になる。
防空優先主義:野戦防空旅団、戦域防空旅団、ミサイル防衛旅団、D,E,F級機のコストが半額になる。A,B,C級機のコストが倍額になる。
┷鄒鏘軍主義:A,B,C級機のコストが半額になる。D,E,F級機のコストが倍額になる。
統合作戦主義:A,B,C級機、海兵旅団、空中機動師団、2〜5級艦のコストが半額になる。それ以外の全ユニットのコストが3倍になる。
最終戦争主義:全ての核兵器の価格が1/10になる。それ以外のすべてのユニットのコストが5倍になる。

世界大国

核保有制限が700以上となった国家は「世界大国」となる。陸ポイント、海軍ポイント、航空機保有数、核ポイントが1.5倍される。以降、世界大国は国力が+50されるごとに合計ポイントに1.1倍の補正を受ける。

このページへのコメント

注釈に書くのはどうかと思ったのでこちらに書かせていただきます。
私は反対とさせてもらいます。理由の一つ目は複雑化への懸念です。私、架空国家を作ろうの第壱世界線で運営を務めているのですが、あまり複雑になると人離れなどの理由によって過疎化することがあります。(第参世界線ではこれよりかはまだ簡単なルールでしたがかなり過疎りました(何とも言えませんが))
二つ目は運営の反対です。現在2.5も抱えてる問題ではあるのですが、運営が今年就活生であり、その状況で改正するのは些かよろしくないことと考えます。
以上をもって私の意見を終わらせていただきます。

3
Posted by  jonsons100 jonsons100 2020年07月21日(火) 20:14:20 返信

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

絶対確認しろ

運営の補助記事

内政・外交

立法

行政

司法

金融

観光

インフラ

軍事

軍事

産業

宇宙}

その他

その他

ランキング

メンバーのみ編集できます