ルートアセシオン・ミーリア帝国

ルートアセシオン・ミーリア帝国は低地地方の北部に存在する国家である。
(国旗を置きます)

(基本情報は適宜項目を追加,変更してください)
基本情報
国名ルートアセシオン・ミーリア帝国
略称アセシオン
統国
二つ名神秘の国
南東の国
炉利帝国
国の標語Ich bin der Liebe Treuer Abendstern süßes eigensinnig
我、愛に誠なる夕星、或いは甘美なる強情
統治者セシリア1世
陣営
国家形態立憲君主制資本主義国家
人口8796万3733人
GDP一人当たり
総額
兵力近衛 万
陸 万
海 万
空万
気候
首都シュヴェリーン・アセシオン特別区
政令指定都市ベルリン・ベルガノール特別区
アムステルダム
ルクセンブルク
ブリュッセル
ハンブルク
ケルン
ジオフロント・エンバー
公用語英語
ドイツ語
フランス語
オランダ語
通貨ドイツマルク(DEM)
民族古代ゲルマン系ミリアス人
ゲルマン系アセシオン人
アジア系諸民族
宗教キリスト教
仏教
イスラム教
その他宗教
無宗派
その他??
備考

概要と特徴

 ルートアセシオン・ミーリア帝国は低地地方及びドイッチュラント北部地域を領土とする立憲君主制国家であり、その地域区分は18の州と特別区から成り立っている。
 建国は紀元前43年。当時の国号は「アセシオン帝国」だったが、1330年の混乱によりルートアセシオン二重帝国へ改称。一時期エーレスラントとの戦争に負け併合されていた時期があるものの、1998年に再度独立した。
 観光立国への道を模索しており、積極的に観光施設の整備や法整備を進めている。
 首都はシュヴェリーン。皇居はシュヴェリーン城であり、多数の防空兵器などの防衛システムで守られた鉄壁の要塞となっている。
 名産品はウランガラスを使用したガラス製品。

国名

 現在の国名には3つの旧王国及び帝国のものが踏襲されており、それぞれ旧ルートランド王国、旧アセシオン帝国、旧ミリアス皇国が主要な構成国となっている。
 ルートランド(Routeland)はゲルマン祖語から分化した古代アセシオン語で『大いなる未来のある土地』に由来し、それが英語に転化されてRoutelandとなったとされる。
 アセシオン(Asession)は同じく古代アセシオン語で『故郷』『我が土地』『陸地』と呼ばれていた言葉が英語に転化されたものだと説明されているが、アセシオン語の文献がなく物証には欠けているものの、紀元前1200年頃には使われていたとされる。
 ミリアス(Millias)はミリアス皇国の祖を築いた英雄ミリアーナに由来するとされるが、異説によれば低地地方を守護していたとされる守護竜ミリアガルドにちなんだものとも言われており、確実な証拠はなく歴史学会では議論が交わされている。
 1687年のミリアス皇国との連合に際し、国名は様々な意見が交わされたものの、諸侯たちの多数決によりルートアセシオン・ミリアス帝国とされることになったが、後の1955年にミリアス皇国のフラー2世がアセシオン皇帝ゲオルギウスに嫁ぐ前代未聞の婚姻劇により、現在のルートアセシオン・ミーリア帝国へと改称した。
 ミーリアはミリアス皇国で古代より使われてきた雅称であり、なおかつアセシオン語にも通じる言葉だったので採用。

歴史

先史時代〜ローマとの国境画定まで

70万年前の先史時代に人類が到達したとされ、現在のゲルマン系民族が根付いたのはおよそ紀元前2000年頃とされている。
紀元前43年にはカエサルの遠征により現在の領土の一部がローマ帝国の版図に組み入れられるが、ベルリンやその周辺地区ではアセシオン帝国の前身ができていたとされる。
紀元前9年、アセシオン帝国は圧力をかけてくるローマ帝国に宣戦布告し、これを撃退。当時の戦闘はトイブルクの戦いと言われ、アセシオンの伝説になっている。
その後はローマ帝国との講和を行うも、再び西進政策を取る。しかし、この時の戦闘では敗北を喫し、ローマ帝国との国境線はライン川を起点に決められることとなった。

フン族攻勢から神聖アセシオン帝国まで

ローマ帝国崩壊後はアセシオン帝国とフランク王国の争いが続いた。互いに領土拡張がままならない状態で100年ほどが過ぎ、トルビアックの戦いで勝利してからはアセシオン帝国の長い治世が続くことになる。
しかし、東方からフン族やアレマン人の攻勢が続くと、アセシオンの政情不安が続き、やがてゲオルギウス2世の時代にはベルリンを失い帝都をシュヴェリーンに移動せざるを得なくなった。
西暦720年、フランク王国の大軍が押し寄せ、カティンの戦いが発生。アセシオン帝国側が辛くも勝利するも、国内の政情不安は頂点に達し、当時のルートヴィヒ3世が廃位されてしまい、結果的に国が一時期滅びることになる。
その後、別のアセシオン人グループによりフランク王国軍が駆逐され、中央ドイツ、北ドイツ近辺を征服。新たなアセシオン人国家として神聖アセシオン帝国が建国されることになる。

神聖アセシオン帝国の隆盛、教会との戦い

領土をアセシオン人の手に取り戻した後からも、戦争は終わることを知らなかった。西暦810年のイクイの戦いによりフランク王国との戦闘が起き、この時結ばれたヴェルダン条約により中フランク王国とアセシオン帝国の国境線が確定。ルートランド王国の原型ができることになる。
その後、1042年にカトリックの軍隊がアセシオンに来襲。それから200年は度重なるカトリック諸国の侵入に頭を悩ませることになる。

ルートアセシオン帝国の成立からウェストファーレン条約まで

1438年、ライン川を挟んで対立していたルートランド王国とアセシオン帝国は国力を枯渇させ、更にルートランド王国の王家断絶を機に、平和条約の締結とルートランド王国の救済策を持ちかける。アセシオン帝国はこれを了承し、国号をルートアセシオン帝国へと改号する。
1614年、フェルディナンド2世が断絶したアセシオン帝国のフェリオス朝を継ぐことになり即位したが、この際アセシオン帝国の国教をカトリックに改宗するとしたため、それまでアセシオンの民族宗教を信仰していた地域領主たちの猛烈な反発を招いた。この時プロテスタントを信仰していたボヘミア人たちはアセシオン帝国からの離脱を宣言している。
最終的には周辺国がアセシオンの領土を狙い戦争にまで発展し、1645年には戦争が終結。ウェストファーレン条約によりルートアセシオン帝国は低地地方をミリアス皇国に明け渡し、オーストリアの独立、そしてエルザス・ロートリンゲンの支配権を失った。

ミリアス皇国最盛期

一方、ミリアス皇国は大型船舶の建造技術を得て、1610年に設立されたミリアス貿易機構が世界中に貿易を展開する。アムステルダム証券取引所の株式を元手に運営された貿易は莫大な富をもたらし、極東への技術提供や香辛料貿易に乗り出し、欧州に富をもたらした。ウェストファーレン体制でのルートアセシオンからの支援やアムステルダム銀行の投資能力を最大限活用していた。
この際の貿易活発化により、低地地方には日系人が多いとも言われる。

アングロサクソン系の帝国

この頃、ホーエンツォレルン家の傍流がアングロサクソン系の家系と政略結婚を行い、ルートランド領の領主がアングロサクソン系のメルカラー家になる事態になっていた。皇室の断絶という最悪の時期と重なったせいで、ルートランドの人間をアセシオン帝国の皇帝に迎えることになる。これにより現在まで続くアングロサクソン系の皇帝の血筋が出来上がることになる。
この頃からルートアセシオンは産業革命に伴う近代化を行い、国力を増大させていく。

エーレスラントのミリアス皇国併合とルートアセシオンの抵抗

1910年にミリアス皇国とエーレスラントが安全保障条約を結んだことはルートアセシオンにとって大きな衝撃を与えた。
周辺国の変革に後れを取るルートアセシオン帝国は、特に北方のエーレスラントを大きな脅威と取り、ミリアス皇国と協議を続けていたからだった。
度重なる衝突により領地を削られていくルートアセシオンだったが、1944年にエーレスラントは突如ルートマルクと金の交換を凍結。ミリアス中央銀行がルートアセシオン中央銀行の買収を成功させたことにより、事実上ルートアセシオンの抵抗力は皆無となり、エーレスラントの軍門に降った。
この時、メルカラー家はエーレスラントに貴族として迎え入れられるが、この時の皇太子だったジョナサンがミリアス中央銀行総裁の暗殺を命じたとも言われている。

地理と行政区分

連邦構成国は3か国あり、本国はドイツ全域、そして西部の低地地方から成り立つ。

アセシオン地域圏?

ドイツ全域を治める地域圏。
ルートランド地域圏?
ベルギーを治める地域圏。

ミリアス地域圏?

オランダ・ルクセンブルクを治める地域圏。アセンション島もこの地域圏に属する。

軍備

ルートアセシオン・ミーリア帝国軍を参照

登場人物

政治

産業・経済

外交関係

生活・文化

教育施設や研究機関

企業

観光地

関連項目

ADF-32 ダークプリンセス
F-13A シュヴァリエ
(関連しそうなページへのリンクを記入してください)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

絶対確認しろ

運営の補助記事

内政・外交

立法

行政

司法

金融

観光

インフラ

軍事

軍事

産業

宇宙}

その他

その他

ランキング

メンバーのみ編集できます