ドゥテルテ政権

大統領を元首とする共和制を敷くフィリピン第三共和政では大統領の任期は4年、3選が上限となっている。1973年に出された1973年憲法を使用しているが、これは仮のもので実際は効力を持っていないため、新しい憲法をドゥテルテ政権の中で作成することを目指している。

治安の改善

フィリピンは日本や欧米諸国と比較すると治安が致命的に悪い。これを重大に見ているドゥテルテ政権は第二共和政時から対策を始めている。麻薬王や取引を行うものを超法規的殺人命令でその場で処刑を行い、麻薬王の撲滅だけでなく、常習犯の自主などが増加し、現在のフィリピンでは全盛期の5分の1程度の麻薬常習犯しかいない(フィリピン共和国警察の推計)と言われている。本人も人権の侵害は認めており、それでも市長時代から続けてきたと、正当性を主張している。しかし以外にもフィリピン国内での支持は以外にも高く、第二共和政時は最大で79%まであり、当時の選挙でも圧勝した。この現象は大統領の魔法と呼ばれている。
また、治安維持を推進するために腐敗した警官の超法規的殺人も計画していたようで、当時は重大犯罪への加担が疑われた警官を宮殿に呼び出し、殺害を仄めかして脅した。
自らの息子に麻薬使用の疑いがある際、治安悪化の原因を外国人が作っていた際も容赦せず、殺害を実行するという宣言を行った。

外交

つい最近の外交においては反米であり、タガログ語で最大の侮辱である売春婦の息子という言葉で痛烈に批判、米軍をミンダナオ島から追い出そうとするなど、とても反米的な外交姿勢を持ち出しており、対米関係の改善を目指す日本からは難色を示されている。そのため、日本に促されて比米首脳会談が行われる予定だ。また、日本以外の民主主義国家に対しては全体的に嫌悪感を持っている。治安維持に対する国際社会からの非難が主な理由である。
関係が深い国はアメリゴ、台湾、日本、インドネシア、朝鮮ソビエト、ブラジルで、特に台湾、日本、インドネシア、朝鮮ソビエトとは科学技術においての協力関係を築いており、フィリピンの科学技術の向上を促している。特に農業は、日本から民間の農業の大手企業が、農業の自動化や機材などのノウハウを注入、早くも世界の中でフィリピン産の食料品は存在感を高めつつある。
また、太平洋の国々と協力した海上貿易路に参加するため、日本に造船の支援を申請しているが、日本政府は日本で製造された船をフィリピンに売却する方針だ。

国内経済

フィリピンは現在の1人あたりgdpが4000$を超えており、人口も継続的に急増中である。ドゥテルテ大統領の目標は、現在2に近づく出生率を2025年に4にし、1人あたりgdpを、10000$まで高めて先進国に仲間入りすることである。その目標を達成するために、日本の影響下では、水、電気インフラを急激に整備し、日本企業を進出させ、賃金の増加、起業支援金の創立、結婚支援金・出生見舞金の創設に、児童手当増額、文教及び化学振興費の増額など、多くの政策を打ち出し、経済の成長を狙った。その効果もあり、経済成長率は2年連続で10%を突破、今年も10%を超える予想が出ている。
また、学校の新設が日本により続けられており、日本語の授業も行われている。専門学校も増え、日本へ留学する人も増えている。奨学金制度と学校の普及により、教育格差と、そこからの所得格差も狭まると予想される。

立法

国の最高機関であり、立法権を保持する。議員選挙は大選挙区制、供託金は200万円で0,5%の得票率で返還が行われる。選挙権及び被選挙権は18歳から交付され、元老院と衆議院があり、どちらも4年の任期で職務を行う。元老院には大きな権限は無い。必ずこの中から国務大臣が選出される。選挙後の1ヶ月間に限り、議決による大統領の罷免など、多くの権限を持っている。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

絶対確認しろ

運営の補助記事

内政・外交

立法

行政

司法

金融

観光

インフラ

軍事

軍事

産業

宇宙}

その他

その他

ランキング

メンバーのみ編集できます