フェルナンド農園
基本情報
所在地帝室直轄州西部
類別荘園
観光農園
史跡
設立1824年
生産品コーヒー
出荷量80袋(×60kg)/年
荘園主フェルナンド家
飛行場450m/未舗装
ファゼンダ・フェルナンド新生ブラジル帝国のコーヒー荘園である。
帝室直轄州西部のパライーバ渓谷?に存在する。

概要

フェルナンド家発祥の地であり、新生ブラジル帝国建国前までの根拠地であり、現当主もここで暮らしている。
また、ペトロ6世がブリテン島から帰還してから、リオデジャネイロ制圧までの間にここで暮らしていた事から、新生ブラジル帝国の史跡としても扱われている。
帝室直轄州ではコーヒー産出量が少なく、多くの荘園が閉鎖されているが、ファゼンダ・フェルナンドは少量ながらもコーヒーを生産し、帝都リオデジャネイロへ出荷している。
その傍ら、史跡名所としての観光農園の側面があり、パライーバ渓谷の歴史博物館が設置されている。

パライーバコーヒーとの関わり

パライーバコーヒーファゼンダ・フェルナンドの傘下ではなく、あくまでもフェルナンド家の固有財産となる。
だが、観光農園としての側面からパライーバコーヒー傘下のCAFEパライーバの支店が農園売店に併設されている。

パソ・フェルナンド

フェルナンド家の邸宅で農園内に有る。
19世紀の荘園主の時期の邸宅であり、現在もフェルナンド家の邸宅として機能している。
子爵らしく使用人やガードマンが常駐しており、それなりの豪華さを誇る。

使用人

荘園内農業スタッフ、観光農園内スタッフ、邸宅内家事使用人、荘園内警備スタッフ等150名ほど。
彼等はファゼンダ・フェルナンド付近の集落などから雇われたり、契約した会社から派遣されたりしている。

飛行場

450mの滑走路と納屋の様な車庫兼用の格納庫がある。
農薬散布用のアンドリーニャを1機所有している。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

絶対確認しろ

運営の補助記事

内政・外交

立法

行政

司法

金融

観光

インフラ

軍事

軍事

産業

宇宙}

その他

その他

ランキング

メンバーのみ編集できます