パソ・リオネグロ新生ブラジル帝国アマゾネス州の州都である、マナウス市?に有るブラサンガ家の地方宮殿である。
基本的には離宮だが、万が一の際はパソ・インペリアルに変わり、パソ・リオネグロブラサンガ家の拠点になれるように指定されており、現在は第2皇子のレオポルド・ランペルツ・ブラサンガ夫妻が暮らしている。
その為、使用人もカリフォーニエン=ドイツからの亡命者が多く、警備もブランデンブルグ亡命大隊が行っている。

歴史

元はショルツ宮殿と言い、20世紀の初めにドイツ系ゴム商人が建てた邸宅だが、当時でも珍しいイタリア風建築方式と、裏(南側、ネグロ川側)に広がる庭園の豪華さにより宮殿と揶揄された。
やがてゴム貿易が下火になると競売にかけられ、アマゾネス州知事の邸宅となっていたが、新生ブラジル帝国時代になると接収された。

リオネグロ公

パソ・リオネグロを与えられるブラサンガ家の血族に与えられる称号。
皇弟、または第2皇子に与えられる事が慣例となっており、現皇帝ペドロ10世の弟達が早くに亡くなったために、しばらくは空位であった。
2020年、ペドロ10世の第2皇子、レオポルド・ランペルツ・ブラサンガが婚姻と共に襲名した。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

絶対確認しろ

運営の補助記事

内政・外交

立法

行政

司法

金融

観光

インフラ

軍事

軍事

産業

宇宙}

その他

その他

ランキング

メンバーのみ編集できます