パソ・インペリアル新生ブラジル帝国の帝室であるブラサンガ家の住居と政務所を兼ねる帝都リオデジャネイロ南部に有る王宮。
本来の旧王朝の宮殿はサン・クリストヴァン宮殿であるが、そちらは革命後から博物館と動植物園となっているため、コルコバードの丘の麓にある、パソ・インペリアルリオデジャネイロ大聖堂リオデジャネイロ植物園等を接収復元し、区画整理を行い、城壁で囲い、旧王朝の面影を再現した。
中心となるパソ・インペリアルの西には54ヘクタールの温室を中心とした植物園が有り、内部に研究施設と共に一般開放されている。
パソ・インペリアル内には数多くの歴史的、考古学的、美術的に貴重な物が収められており、研究センターには3万を超える蔵書が保存される。
パソ・インペリアル区画内は新生ブラジル帝国近衛隊が駐在しており、軍とは一線をかくした制服に身を包み、右腰に官給品のシルバーメタリックのルガー拳銃、左腰には護拳に装飾が施されたサーベルを吊るしながら、海軍と共に警備をしている。

歴史

1743に総督府として建造され、その後旧帝国の王宮となる。
1888年にはイザベル・ド・ブラジルの奴隷解放宣言が行われている。
革命後は文化的施設として、植物園並びに博物館、セレモニーホールとして利用されていた。
1970年の王朝復帰により、再び王宮として利用される。
1980年までに区画整理が終了し、現在の王宮となる。

敷地内の施設

王宮

旧パソ・インペリアル博物館と旧州政府事務局の敷地となる建物。
ブラサンガ家の宮殿で、旧パソ・インペリアル博物館側が住居、旧州政府事務局側が政務所となっている。

イタマラチ外宮

旧外務省跡地。
宮内省新生ブラジル帝国近衛隊パソ・インペリアル?北側に位置し、城門を内側から囲むように城壁が有る。
城門をくぐると旧外務省跡地に宮内省が有り、通りを挟んで東側には迎賓館が有る。
宮内省の西側には新生ブラジル帝国近衛隊司令部が有り、パソ・インペリアル内部?の警備と消防防災を担当している。
宮内省新生ブラジル帝国近衛隊司令部の間の間を通ると、南側にパソ・インペリアル本宮に入れる城門が有るが、普段は入れない。
しかしながら、イタマラチ外宮は限定的ながら開放されており、一般観光客等に開放されている。

各殿

旧リオデジャネイロ博物館、美術館、図書館等。
ポルトガル植民地時代からの文化的、考古学的な遺産や美術品、図書を収蔵している。
管理に関しては帝立リオデジャネイロ大学?が行っている。

リオデジャネイロ大聖堂

旧ノッサ・セニョーラ・ド・モンテ・ド・カルモ教会で、19世紀のリオデジャネイロ大聖堂であり、リオデジャネイロ大司教が座している。
帝室礼拝堂に指定されている、国教の南米カトリックの中枢。
また、リオデジャネイロ修道院が隣接している。

庭園

旧リオデジャネイロ植物園を中心にした庭園。
ポルトガル植民地時代から続く、ブラジルプランテーションに関わる植物学の研究施設があり、園内には多数の温室や32.000を超える文献が収蔵されている、研究センターが有る。

コーブラス島

パソ・インペリアル地区に含まれる島で、リオデジャネイロ海軍基地の一部。
王宮から見える位置にあり、海洋技術総合司令部新生ブラジル帝国沿岸警備隊帝都司令部、新生ブラジル帝国海軍陸戦隊駐屯地、リオデジャネイロ海洋大学、総合病院等が有る。
また、ブラサンガ家の所有する帆船インペラドル・ド・アトランチコスルと高速船プリンシア・イザベルも停泊している。

セントラウ・ダ・マリーニャ病院

帝立総合病院。
本来は海軍病院だが、パソ・インペリアル地区内の総合病院としても機能している。

サントス・ドゥモン空港

パソ・インペリアルの?の南側に有る空港で、1,323m×42mと1,260m×30mのアスファルト舗装された滑走路が有る。
ガレオン国際空港の出来る前は帝都リオデジャネイロの玄関空港だったが、現在は帝室専用機や行政府専用機、新生ブラジル帝国沿岸警備隊帝都航空隊が使用している。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

絶対確認しろ

運営の補助記事

内政・外交

立法

行政

司法

金融

観光

インフラ

軍事

軍事

産業

宇宙}

その他

その他

ランキング

メンバーのみ編集できます