Sieglith Emilia von Habsburg
ジークリット・エミリア・フォン・ハプスブルク
全名Siegrit Emilia Maria Theresia Christina von Habsburg
ジークリット・エミリア・マリア・テレジア・クリスティーナ・フォン・ハプスブルク
出生2006年5月29日
出生地ライタ連合王国、ツィスライタニエン王国、オーストリア大公国、ウィーン
年齢16歳
性別女性
人種ドイツ系アルザス人
学歴王立ウィーン学園
家名ハプスブルク家
王朝ハプスブルク朝
レオポルド1世
ジークリット・ヴィクトリア・フォン・ロートリンゲン
話すことができる言語ドイツ語、アルザス語、ラテン語
称号ライタ国王、ツィスライタニエン国王、オーストリア大公、金羊毛騎士団団長

来歴

2006年に首都ウィーンでレオポルドとヴィクトリアの間に長女として生まれた。ジークリットは可愛く活発な娘で、侍従や政府高官達から可愛がられていた。両親からは愛情深く、時に厳しく育てられた。元大帝国であったライタ連合王国の次期国王として、しっかりと帝王学の教育もなされた。なに不自由もなく、不幸もないジークリットであったが、2020年6月に大きな不幸を襲った。それは、両親がテロ組織のオーストリア共産主義者同盟に襲撃され、殺害されるというなんとも酷い出来事だった。これに彼女は大きな衝撃を受け、1ヶ月ほど自室に引きこもってしまった。しかし、彼女は急に父のある言葉を思い出した。
「いいか、よく聞いてくれ、ジークリット。我がハプスブルク家はオーストリアを大きく、そして強くしたんだ。だからお前もいつか国王の座につく時には国民を大切にしてこの国を大きく強くしろ」
この言葉によって、引きこもるのをやめ、長らく延期されていた戴冠式に挑み、最年少の君主が誕生した。
現在では、すっかりと平常心を取り戻し、元気な姿を国民に見せている。

基本情報

身体関係

髪は金髪、目の色は碧色というゲルマン民族の血が強い見た目をしている。髪の長さはロングで肌の色は白色。身長は152cmで体重は45kg、胸の大きさはAカップ。胸が小さいことはあまり気にしていないらしい。身長が平均より低いのは触れてほしくないらしい。

私生活

よくある貴族の豪勢な生活をあまり好まないことで知られる。基本的にハプスブルク家は冬はホーフブルク宮殿で過ごし、夏はシェーンブルン宮殿で過ごすのだが、彼女は年中ホーフブルク宮殿で過ごしている。学校生活は王立の学園に通っているだけあってとても充実してる。部活動は射撃部に所属している。なお、ボーイフレンドはいない模様。

服装

私服そして公務服として着ている服は上は黒のボディスに白のブラウス、下は黒のスカートに緑の腰エプロンで構成された民族服であるビロード製のディアンドルを着用している。外交の場では濃い灰色のレディーススーツを着用している。

性格

元気があり、好奇心旺盛な娘で知られている。あまり病んだり、怒りの感情を表に出したりすることは無い。しかし、元気で好奇心旺盛といっても1つ問題がある。それは怪我をしょっちゅう負ってしまっているということ。別に本人はあまり気にしてはいないが、家族や閣僚、大公、公爵たちはいつか大怪我を負ってしまうのでは無いかと気が気でない。

趣味

昔から絵を描くのが好きで今でも空いた時間に漫画を描いていたりする。描いているのを侍従たちは知っているが、本人が明かさないので誰もどんな内容の漫画を描いているのかは一切知らない。しかし、最近ではライタのヲタクたちの中で名高いエロ漫画家のドッペルアドラー*1氏がジークリットなのでは無いかという噂がネット上に出回っているが王室と政府はそれを否定している*2*3

国内情勢に関して

国王として国内情勢を特に気にしているらしく、常に閣僚評議会議長に内政がどうなっているかを聞いている。ジークリットは共産主義者に親を殺害されてしまった過去を持っているため強いアカ嫌いであり、積極的な共産主義の排除を推進している。

側近らの話

  • 「陛下は元気が良く、その場を明るくしてくれます。ただ、元気過ぎて稀に怪我なさることがあるのでそこをなんとか注意してもらいたいですね」- 侍従長 ヴィルヘルム・ツォルン
  • 「お嬢様はとても美しいお方で国民みんなに愛されてます。また、国民のことをとても愛していて常に国内情勢についてお聞きになられます。ただ、お嬢様は好奇心旺盛なだけあって稀にお怪我をなさることがあるので国内情勢と同じくらい、自らの体を気遣ってほしいです」 - メイド長 ガブリエラ・ヒンデンブルク
  • 「陛下は学問も優秀で音楽の才能もあり、その上貪欲では無いというまさに模範的な貴族と言うに素晴らしいお方だと思います。ハプスブルク家の伝統もしっかりと重んじる良いお方なのですが、良く無理をしてしまって稀に怪我をすることがあるので、なるべく無理をしてもらいたくないですね」- 親衛隊長官 ヴァルター・ケーニッヒ

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

絶対確認しろ

運営の補助記事

内政・外交

立法

行政

司法

金融

観光

インフラ

軍事

軍事

産業

宇宙}

その他

その他

ランキング

メンバーのみ編集できます