国家情報

国名シーランド帝国領マレーシア
第一公用語英語
第二公用語マレーシア語
準公用語マレー語
首都シンガポール
皇帝ウィリアム・ロバーツ・ペンドラゴン
自治領指導者ジェラルディン・ヴォーン・マイソン
人口37,796,000(3779万6000人)
通貨シーランド・ドル

概要

シーランド帝国のアジア方面自治領。シンガポール、ブルネイ、マレーシアからなりその位置からアジア=インド洋間の補給地として栄えている。

国内情報

歴史

マレーシア侵攻はシーランド帝国史上初の長距離侵攻となった。2年前に南アフリカ攻略に失敗したため先にアジア方面の足掛かりとして侵攻した。南アフリカと違い順調に占領、併合できたために自信を回復したシーランド帝国は第二次南アフリカ戦争を起こすが失敗している。自治領となった後はある程度治安は安定しており発展していたが1年前にジェラルディン・ヴォーン・マイソンが自治領指導者となってから粛清が続いており経済は若干停滞しつつある。

領土

マレーシア、シンガポール、ブルネイ全土。
朝鮮領タイからの編入
朝鮮ソビエトから譲渡された朝鮮領タイの島々は全てシーランド帝国領マレーシアに編入されている。元々はインド洋に接していた島々はシーランド帝国領ビルマに編入されたが神聖ブランデンブルク帝国がビルマを領有した事によりマレーシアの管轄となった。

政治

自治領指導者による政治。
名前就任歴備考
一代目エドムンド・グラハム・グッドール1992年〜1994年年齢を理由に政界から離れ隠居する
二代目カドワラダー・グリフィン・ウィッター1995年〜2003年任期満了の約一年後にシーランド帝国領東アフリカの自治領指導者に就任する
三代目マット・H・ウェバー2004年〜2006年
四代目グレアム・カルバート・ティルベリー2007年就任から半年後に病死する
五代目ドン・アーバスノット・フィングルトン2007年〜2010年任期満了後はシーランド帝国領南アフリカの自治領指導者に就任する
六代目スチュアート・フェニックス・ペンドラゴン2011〜2013年任期満了の二年後にシーランド帝国領スコットランドの自治領指導者に就任する
七代目クリントン・G・ブルーノ2014年〜2019年巧な政策でマレーシアを繁栄させた。ジェラルディンを後継者に指名して定年退職した
八代目ジェラルディン・ヴォーン・マイソン2019年〜現自治領指導者。粛清や体を用いた接待などを常習的に行っているといううわさが建っている

人口

人口は37,796,000(3779万6000人)。マレーシアには元々多民族が多く居り移民が相次いでいた。中国系、インド系など様々な民族がいる。最近では朝鮮ソビエトからの移民も受け入れていた。

行政

司法

イングランド直轄領と同じ裁判所が担当する。

資源

天然資源
スズ鉱を中心に金、鉄鋼、ボーキサイトなどがある。
有機資源
石炭、原油、天然ガスを有している。これらはかなりの量を保有している。

軍事

シーランド帝国軍に委託している。

シンガポール要塞

シーランド帝国は重要な中継点であるシンガポール全体を軍事要塞へと変えた。要塞には飛行場はないがマレー半島などにある飛行場などから戦闘機や哨戒機などが来るため問題はない。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

絶対確認しろ

運営の補助記事

内政・外交

立法

行政

司法

金融

観光

インフラ

軍事

軍事

産業

宇宙}

その他

その他

ランキング

メンバーのみ編集できます