国家情報

国名シーランド帝国領ベチュアナランド
公用語英語
ツワナ語
首都ハボローネ
皇帝
自治領指導者トマス・デ・パジェット
人口2,030,000(203万人)
通貨シーランド・ドル

概要

シーランド帝国の自治領。ライオネス・ロバーツ・ペンドラゴンが最後に侵略した地である。

国内情報

歴史

シーランド帝国領ベチュアナランドの歴史は浅い。2015年ライオネス・ロバーツ・ペンドラゴンは自らの戴冠中に行う最後の侵略戦争としてボツワナを選んだ。そしてナミビア侵略戦争の様な失態を犯さないためにきちんとした侵攻計画と国境への軍の配備を行った。そして宣戦布告する日時が決まった時ボツワナから和平の連絡が入った。この時侵攻軍の総司令官となる筈だったウィリアム・ロバーツ・ペンドラゴンは独断で和平に応じた。そしてボツワナ側にも十分に配慮した条件でボツワナはシーランド帝国に降った。この報告を受けたライオネス・ロバーツ・ペンドラゴンは怒り狂ったが周囲が宥めた事もあり怒りは収まった。そして自治領指導者にはウィリアムの側近の一人だったトマス・デ・パジェットが就任した。結果、ボツワナは他の自治領とは違う様になり現在も続いている。

領土

ボツワナ全土。アレイトス連邦シーランド帝国領南アフリカと国境を接している。

政治

自治領指導者による政治が行われている。しかし、他の自治領とは違い旧ボツワナ時代の官僚の大半がそのまま採用されている。その為自治領府で働く官僚の比率は3:7と旧ボツワナ官僚が多数を占めている。

行政


ボツワナ時代の物がそのまま使用されている。

司法

ボツワナ最高裁判所を頂点に地方裁判所、家庭裁判所が存在している。ここもボツワナ人が多数働いているためブリテン人優先の裁判にはならないようになっている。

資源

ボツワナ経済の発展のきっかけとなったダイヤモンドが採掘されている(しかし、2016年の段階で約20年程しか採掘できないと調査結果が出ているためそれに依存するような経済をしてはいない)。農業面では牛や羊などの畜産が盛んに行われている。

軍事

シーランド帝国軍に委任されている。アレイトス連邦とのみ領地を接しているためそこまで軍は配備されていない。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

絶対確認しろ

運営の補助記事

内政・外交

立法

行政

司法

金融

観光

インフラ

軍事

軍事

産業

宇宙}

その他

その他

ランキング

メンバーのみ編集できます