国家情報

国名シーランド帝国領コモロ
公用語英語
準公用語コモロ語
首都モロニ
皇帝ウィリアム・ロバーツ・ペンドラゴン
自治領指導者デイリー・ディーリー
人口846,281人(84万6281人)
通貨シーランド・ドル

概要

シーランド帝国の海洋自治領。

国内情報

歴史

1975年、コモロ諸島はマヨット島を除く三島で独立宣言をした。しかし、相次ぐクーデターで政府はまともに機能しておらず全土で大混乱が続いていた。そんな中の1993年シーランド帝国はケニアとタンザニアに進行中にこの地を襲撃。ケニア、タンザニア侵攻の前哨基地とした。コモロ諸島は大した抵抗が出来ずあっけなく全土を占領され侵攻の前哨基地として扱われた。戦後コモロ諸島はそのままシーランド帝国の自治領となり政府機能は一新された。コモロ諸島は自治領府の尽力により一応の安定を見せたが独立を目指したクーデターが頻繁に起こり自治領府への攻撃や嫌がらせが相次ぐようになった。

領土

自国の領土について書く。

政治

自治領指導者と呼ばれる自治領府のトップが皇帝に代わり統治している。
名前就任歴備考
一代目フランシス・バロン・アプトン1993年〜2001年大混乱に陥っていたコモロ諸島を見事安定させた傑物。2001年5月に急遽シーランド帝国領スコットランドの自治領指導者に指名され同地を後にした
二代目ジュリアン・ジョー・レイ2001年フランシスの右腕的存在で急遽スコットランドの自治領指導者になったフランシスに代わり残りの任期を卒なくこなし次に引きついた。その後はフランシスの後を追いスコットランドに向かった
三代目ローワン・G・ボールチ2002年〜2004年クーデター鎮圧中に流れ弾に辺り死亡
四代目リアム・リー・ハメド2004年〜2009年ローワンの後任として自治領指導者になるが2期目を行っている最中に自治領府に投げ込まれた爆弾で死亡
五代目テオ・ダドリー・モリス2009年〜2015年任期満了とともに定年退職した
六代目ジャレッド・ダドリー・エジャートン2016年〜2018年任期満了後はシーランド帝国領シエラレオネの自治領指導者に就任する
七代目ロリー・スレーター2019年〜2022年以降も継続が決定している

行政

自国の行政組織について書く。

司法

イングランド直轄領と同じようになっている。

資源

自国の資源について書く。

軍事

シーランド帝国軍に委任されている。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

絶対確認しろ

運営の補助記事

内政・外交

立法

行政

司法

金融

観光

インフラ

軍事

軍事

産業

宇宙}

その他

その他

ランキング

メンバーのみ編集できます