サモア条約
署名2016/6/19/11:30
署名場所パペーテ
効力発生即時
締結国2ヶ国
主な内容領土の確定

概要

太平洋諸島連合の構成国の一つであるトラケウ諸島ではアメリゴ領サモアのスウェインズ島(オロセンガ島)の領有を主張していた。それは太平洋諸島連合に入ってからも同じで太平洋諸島連合の議題に幾度となく提出していた。太平洋諸島連合としては神聖アメリゴ連合帝国と事を構えるつもりはなく穏便な話し合いを望んだ。その結果現状維持という話で進んだがトラケウ諸島はこれを渋り領土編入を望んだ。これを受けて宗主国であるシーランド帝国も話し合いに参加するという異例の事態となった。結果的にトラケウ諸島の提案は受け入れられずスウェインズ島はアメリゴ領という事となった。

締締結国

神聖アメリゴ連合帝国
シーランド帝国
  • 太平洋諸島連合(太平洋諸島連合全体でというよりはトラケウ諸島のみが締結した)

内容

1.スウェインズ島(オロセンガ島)は神聖アメリゴ連合帝国領でありトラケウ諸島は今後領有主張をしない。
2.シーランド帝国はトラケウ諸島に200万シーランド・ドルを払う。
3.トラケウ諸島はこれまで行ってきた神聖アメリゴ連合帝国への挑発的行動を行わない。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

絶対確認しろ

運営の補助記事

内政・外交

立法

行政

司法

金融

観光

インフラ

軍事

軍事

産業

宇宙}

その他

その他

ランキング

メンバーのみ編集できます