オスマンイスラム共和国連邦

基本情報
正式名称オスマンイスラム共和国連邦
略称オスマン
トルコ
大統領アディーナ・レチップ
所在地東経35°以西のトルコ
ギリシャ
イタリア
スイス
ジブラルタル
リビア
アルジェリア
キプロス島
構成共和国西トルコイスラーム共和国?
ギリシャイスラーム共和国?
イタリアイスラーム共和国?
スイスイスラーム共和国?
北アフリカイスラーム共和国?
キプロスブランデンブルクイスラーム共和国?
陣営不明
国家形態イスラム共和制
人口1.82×10^8
GDP(PPP)5.4兆ドル
GDP(名目)5.1兆ドル
面積501万km^2
首都ローマ
公用語トルコ語
イタリア語
ギリシャ語
通貨オスマン・リラ
平均為替相場1エーレスラントクローネ=4オスマン・リラ
民族ラテン
スラブ
チュルク
宗教イスラム教
キリスト教
外貨準備高1.25兆ドル
金準備高4272t
その他データ集積中

概要と特徴

オスマンイスラム共和国連邦(通称オスマン連邦)は地中海地域および西ヨーロッパに広がるイスラム共和制国家である。
世界屈指の金融拠点であるスイスなどが世界的に有名である。

国名の由来

オスマン帝国時代の名を引き継いでいる。

国旗


月はイスラムを、青は地中海を表す

歴史

歴史概要
1300年ごろオスマン帝国成立(首都アンカラ)
1354年イスタンブール征服
1370年イスタンブールに遷都
1415年ごろシチリア島征服
1457年ギリシャ征服
1512年サルデーニャ島征服
1524年ギリシャで十字軍と名乗る反乱軍(以後キリストギリシャ)が反乱を起こす
1584年キリストギリシャを討伐、しかしその間にサルデーニャ島が失落する
1678年イタリア征服
1698年スイス征服
1705年ジブラルタル、アフリカなどのイスラム国家と統合
1712年サルデーニャ島再征服
1824年バチカンの和解、これによりオスマン帝国内でキリスト教がある程度力を持つようになる
1845年皇帝一族断絶による共和制移行
1846年国名をオスマン共和国に
1872年ローマ会議、自治公爵が各地に設置される
1880年正式に東トルコを放棄
1894年アテネ会議、イスラム連邦制に移行し国名がオスマンイスラム共和国連邦になる
1912年ギリシャ共和国での財政危機によりアテネ暴動が発生
1924年バチカンの和解100周年を記念してローマに大型モスクが建造された
1978年地中海憲法採択及びローマ遷都
2010年キプロス島周辺で巨大ガス田が発見

産業・経済

オスマン連邦の産業は地域によって大きく異なる。総論としては二次産業が極めて強く一次三次産業は次第点といったところである。
スイス、ベルンに存在するオスマン中央銀行麾下の各地の国立銀行には合計1兆ドルの外貨準備と対米50%近い約4000tの金準備を蓄えておりオスマン・リラの価値を裏付けている。オスマン・リラは地中海憲法により兌換紙幣から非兌換紙幣に変更されている。
  • スイス地域
主に金融産業が盛んである。また、伝統的に傭兵業が盛んであったが地中海憲法により将校教育に移行することとなった。
  • イタリア地域
重工業が盛んである。原子力などの物理分野などにも重点が置かれている。南部では地下経済が存在するがこれはイタリア地域内での経済格差などにも由来する。また、映画産業や観光産業も盛んでありローマモスクとバチカン協会という2つの宗教施設の共存はオスマン連邦のテーゼでもある宗教和解の後押しもあり人気の観光スポットである。ローマではIT産業も盛んである。
  • ギリシャ地域
地下資源が豊富であり連邦の資源庫である。農業はオリーブやタバコなどが主力である。また世界4位の船舶規模を誇り海運も盛んである。また観光業も盛んであり二つの宗教の混在した独特の建築などが人気である。
サービス業も、非常に盛んである。
  • トルコ地域
軽工業、重工業が主力であるがイスタンブールではIT産業も盛んである。重工業ではイタリア地域の企業が進出しておりイタリア地域が重工業の中心であることを物語っている。

軍備

現在、陸海空戦略ミサイルの4軍体制となっている。構成共和国に出向する形で構成共和国管轄の部隊が存在する。地中海憲法では徴兵制は否定されあくまで志願制となっている。将校教育はベルン軍事大学とナポリ軍事大学とパトラス軍事大学とコンヤ軍事大学が存在する。 オスマン連邦陸軍は伝統的な諸兵科重師団のもとに旅団-連隊となっている。これは初期の15太守制度を中心に拡張されているためである。将校教育の中心はベルン軍事大学。ヘリ部隊以外は空軍が担当している。
最新編成→オスマン連邦陸軍(第二次編成) オスマン連邦海軍は主に地中海・黒海の制海権を最大のテーゼとしている。将校教育の中心はパトラス軍事大学。母艦航空隊以外は空軍が担当している。
最新編成→オスマン連邦海軍の新編成 オスマン連邦空軍はオスマン陸軍航空隊を元としている。仮想敵の多様さから地域ごとに採用される兵器が異なり戦略空軍と戦術空軍の分離が議論され実際に分離したほどである。将校教育の中心はナポリ軍事大学。 オスマン連邦戦略ミサイルはオスマン連邦戦略空軍を元としている。このために戦略爆撃機と弾道ミサイルなどは機動的に運用できるようになりALBMなどの管轄も容易に決定できるようになった。

政治

  • イスラム共和制
かつてはクルアーンが憲法とされていたが地中海憲法の採択により実態は共和制と遜色がなくなった。そのためにいわゆるイスラム圏特有の法も消滅した。
  • 連邦議会
連邦議会は各連邦共和国から50人の議員つまり200人で構成される連邦上院と人口50万人あたり1人が選出される定数270人の連邦下院によって構成される。大統領は原則として下院が選出を行うものとされている。大統領選出を除いて下院は議員票270+大統領票30の合計300票となっている。上院は基本的に下院の追認機関であるが67%以上の反対により拒否権を行使することが可能である。
  • 政党
オスマン連邦規模では政党は存在しないが構成共和国内では多数の政党が存在する。
  • 構成共和国議会
構成共和国議会は基本的に20万人に1人の割合の議員の一院制議会となっておりこれは地中海憲法に定められている。
  • 大統領の権限
地中海憲法では緊急時を除いて下院の追認機関であるが議員30人分の投票権が与えられている。また、200票以上の賛成により時限的に大統領職などに関わらない案件に対しては即時投票権および追加で700票が与えるため実質的な時限独裁となる。
  • 地中海憲法
近代的な憲法として策定・採択された憲法、作成された場所からヴェネツィア憲法ともいう。政教分離に関しては教側に破門等の圧力を禁止した以外は特に規定は存在しない。そのためにイスラム政党やキリスト政党が存在する。特筆すべきはトルコ本国有利だった連邦上院が完全に平等になったことであることと連邦下院の設置と優位性が認められたことである。これにより本当の近代化の完遂と呼ばれることがある。地中海憲法はオスマン連邦向けの地中海憲法気斑話羈そ国の秩序を想定した地中海憲法兇存在するが地中海憲法兇鰐い世忘梁鬚気譴討い覆ぁこれは各国との兼ね合いが大きいためである。実は地中海憲法策定時に国号の変更が議論されたが歴史を省みてそのままが妥当と判断された。

内政

省庁系統図
大統領連邦議会連邦省庁統制局宗教省イスラム庁
キリスト庁
外務省各地方局
内務省防災庁
連邦選挙庁
法務省警察庁*1
検察本部
裁判所
措置局
国土開発省資源庁
軌道交通庁
非軌道交通庁
連邦道路管理庁
インフラ庁
環境整備庁
財務省税制局
国有財産庁
郵便庁
銀行局
教育文化省前期教育庁
後期教育庁
文化庁
労働省労働庁
国有企業局
健康省医務局
薬事局
栄養庁
食糧局
連邦緊急部会軍務省徴兵局
装備局
人事局
陸軍総司令部
海軍総司令部
空軍総司令部
戦略ミサイル軍司令部
戦略局
連邦軍法会議
連邦軍事警察局
海上警察局
国境警備局
緊急省食糧備蓄局
資源備蓄局
戦略物資備蓄局
連邦官庁人事局
構成共和国議会各官庁
省庁間の情報共有のための統制局が存在する、また、緊急連邦部会は大統領不在などの緊急事態の場合は連邦全体の指揮を取ることが定められている。

通貨

  • 総評
オスマン・リラは膨大な金準備などから強い通貨として扱われる。このため、投資家心理の指標の一つとされている。オスマン・リラは非兌換通貨であるがかつては兌換通貨であるためかなり贅沢な硬貨なども存在する。
  • 紙幣
紙幣一覧
呼び名金額(オスマン・リラ)
アルドゥム10000
ビスビン5000
ビン1000
ビスユズ500
高額なものは基本的に紙幣を使う。
  • 硬貨
硬貨一覧
呼び名金額(オスマン・リラ)主な素材
ハフュー0.1アルミニウム合金
テメル1銅合金
トプラーク10ニッケル合金
ラハトルマ50
ユズ100タングステン合金
ユズに関してはオスマン人がさまざまな場面で硬貨を使えるように耐久性を考慮して作られた。
  • 記念硬貨
記念硬貨一覧
名称金額(オスマン・リラ)主な素材
建国700年記念硬貨A10000白金
建国700年記念硬貨B50000レニウム
建国700年記念硬貨C100000オスミウム
地中海憲法公布記念硬貨20000
共和制50周年記念硬貨50000白金
ローマ遷都記念硬貨10000
国土確立300年記念硬貨30000イリジウム
記念硬貨は戦略備蓄として銀行等に備蓄が義務付けられている非公開記念硬貨も存在する。

外交

  • 外交方針
オスマン連邦では外交権は連邦政府のみが持つ、外交方針は近距離融和を基本としていた。
  • 外交履歴
外交履歴
日付相手国(略称)内容
6/21インド国交樹立
6/21シーランド国交樹立
6/13マシュリク国交樹立
6/11エーレスラントスワップ協定
6/8アメリゴ国交樹立
6/8エーレスラント国交樹立
6/8インドネシア国交樹立
6/5モスクワ国交樹立
6/5朝鮮国交樹立
6/4中国国交樹立
6/4ペルシア国交樹立
  • 条約関連
条約一覧
条約名概要関係国(略称)状態
  • 国交関連
国交関係一覧
国名略称状況友好度
アジア
三島神聖府連合三島
朝鮮ソビエト朝鮮国交樹立交戦
中華民主共和国連邦?中国国交樹立
インドネシア連邦インドネシア国交樹立交戦
日本国日本国交樹立交戦
インド共和国インド国家樹立
中東
大ペルシア・エマーム国?ペルシア国交樹立
大エーランド公国?エーランド
マシュリク共和国マシュリク国交樹立
スタン共和国連邦スタン
ヨーロッパ
シーランド帝国シーランド国交樹立
ポーランド・リトアニア・モスクワ帝国モスクワ国交樹立
エーレスラント連合王国エーレスラント国交樹立同盟?
ブランデンブルク帝国ブランデンブルク交戦
カトラス社会主義共和国カトラス
フランス帝国?フランス
スペイン王国スペイン
アフリカ
大グンマー民主主義人民共和国?
北アメリカ
アムウェイ連邦アムウェイ
神聖アメリゴ連合帝国アメリゴ国交樹立交戦
カリフォーニエン=ドイツカリフォーニエン交戦?
南アメリカ
新生ブラジル帝国ブラジル国交樹立
四国連合共和国四国国交樹立
南アメリカ連邦共和国南アメリカ
オセアニア
エネラント合衆国?エネラント

教育

地中海憲法により前期教育を義務教育と定め5歳から15歳の11年間を同一系統の義務学校で受ける必要がある。その後最低3年間の後期教育として大学が設置されており分野ごとに期間は違う、例えば法学は7年、物理学は9年、医学は11年である。汎用資格と呼ばれる中等教育資格は地方公共組織などで勤務するに必須でありこれは3年分大学で進級することが条件となる。かつては中期教育として高度学校が存在したが受験に伴うタイムロスが損失と断ぜられたことにより統合されることとなった。基本的に構成共和国内で完結するが軍事大学と連邦大学は連邦全体が対象とされる。

生活・文化

  • スイス地域
標高の高い地域が広がり酪農製品などを食す文化が存在する。キリスト教文化が根強く度々ヨーロッパ諸国との外交の舞台となっているからかヨーロッパの文化の色が強い。
  • イタリア地域
こちらもキリスト教の色が強いが歴史的にイスラム教の色も見える。北部はスイス地域に近いが南部ではイスラム教の色がだんだん強くなっている。またマフィアが南部に存在し独特の文化を擁している。
  • ギリシャ地域
元々はキリスト教国であったがイスラム教勢力となって久しくキリスト教の土台にイスラム教の文化が根付いた為にイスラム教文化とは一括りにしづらい一面がある。海産物料理が盛んである。
  • トルコ地域
俗世的なイスラム文化を持ちヨーグルト等が有名である。イスタンブールはピザンツ帝国の面影を残しておりギリシャ地域と似ている。アンカラなどは純粋なイスラム文化が根付いている。

観光地

  • ローマ宗教施設群
イスラム教とキリスト教の宗教施設が入り乱れ空から同時に大モスクとバチカン教会を見る景色は圧巻というしかない。
  • ジュネーブ要塞
かつてオスマン軍を苦しめた山岳要塞、現在も現役の要塞であるが非機密区間のみ1970年ごろから公開された。1900年ごろの砲台が展示されている。

その他のリンク

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

絶対確認しろ

運営の補助記事

内政・外交

立法

行政

司法

金融

観光

インフラ

軍事

軍事

産業

宇宙}

その他

その他

ランキング

メンバーのみ編集できます