オシャラ・システム
種別航空管制/救難システム
運用航空宇宙技術総合司令部
運用開始2018年(原型システムは1992年)
端末空港管制塔
各空軍施設
エシュ・レーダー
オシャラ・システム新生ブラジル帝国の航空管制システムである。
新生ブラジル帝国の陸海に設置されたエシュ・レーダー/エシュ・マールALS型観測衛星ALS型通信衛星により、カリブ海を含む、南大西洋東岸域と、アンデス山脈以東の南米大陸を就航する航空機の管制を行う。

概要

オシャラ・システムとは平たく言うならば、領空内で起きた異変に対して、的確な対処をする為の、連携サポートシステムである。
エシュ・レーダーはこの為に開発されたと言っても過言ではなく、探知距離4,000mのエシュ・レーダーと衛星軌道からのALS型観測衛星の連携による広範囲観測と、各空港や新生ブラジル帝国空軍施設の中距離観測、各航空機の現場情報をSCM(戦術データリンク)を通じて連携させている。

発端

1989年9月に起きた旅客機事故における、墜落機追跡の不手際から対応が遅れた為に、その対策として国内にレーダーサイト網を設置した事から始まる。
21世紀に入り、ネットワークシステムの発達により、人工衛星による管制を取り入れ、SCM(戦術データリンク)の導入による、国内各機関との情報共有化により、領内を飛行する航空機の事故防止と、イエマンジャ・システム新生ブラジル帝国現場急行支援ネットワーク?との連携による航空救難活動の、迅速かつ円滑な行動を可能にする。

オショラとは

カントンブレにおける天空神。
女神イエマンジャとは夫婦神として描かれる事が多い。
カソリック・フォークによるイエス・キリストと習合している。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

絶対確認しろ

運営の補助記事

内政・外交

立法

行政

司法

金融

観光

インフラ

軍事

軍事

産業

宇宙}

その他

その他

ランキング

メンバーのみ編集できます