エーレスラント連合王国
国章
詳細情報
国の標語Plus Ultra
国歌Her blue sky
政治体制事実上の共和制
国王エルマ
行政府院長カスカータ・アルノ
公用語デンマーク語
英語
オランダ語
フランス語など
首都シェラン特別区
人口72,882,939人
面積43,094k
主要産業海運
金融
製薬
詳しくはエーレスラントの企業
国教なし
軍事組織エーレスラント陸軍
エーレスラント海軍
エーレスラント空軍
エーレスラント海兵隊
通貨エーレスラントクローネ
中央銀行コペンハーゲン銀行
GDP1872,637億ELC
報道機関コペンハーゲンニュースネットワーク?
政府首脳
国王エルマ
王太子/ユトランド公エレナ・アレンデール
行政院院長カスカータ・アルノ
立法府議長ビル・ブランシャール
司法府総長ルイ・パスカル・ハウマンス



概要

エーレスラント連合王国は北ヨーロッパに位置するエーレスラント本土と、5つの自治地域(モロッコ、アイスランド、ニュージーランド、ウルグアイ、サハリン)から構成される単一の立憲君主制による主権国家である。最盛期の連合王国はネーデルラントからフリースラント、さらにはドイツ中部に至る広い大陸領を擁していたものの、1998年に大陸領がルートアセシオン・ミーリア帝国として独立、2011年にはスカンジナビア半島が「」として独立し、現在の領域に至った。なお、独立したミーリア帝国の皇帝は大陸府藍寮指揮使として公爵位に叙せられている。

エーレスラント本土は連合王国内において中心的地位にあり、残りのフェロー諸島とゴトランド島に対して司法権、行政権および立法権を行使する。フェロー諸島自治法によれば、フェロー諸島は王国内における人民の共同体である。ゴトランド自治法は同様の定義を有しないが、その代わり、ゴトランド市民は国際法上の人民であり自己決定権を有するものとしている。

エーレスラント連合王国は単一国家ではあるものの、アイスランドおよびモロッコにはそれぞれ外交の一部も含めた多大な自治権が与えられている。スカンジナビア連合王国時代の階級制度が存続しており、王家や貴族が存在する。彼らは主にシェラン島に邸宅を構えている。人口はおよそ6800万人で、多くの労働者が水産業、農畜産業、エネルギー産業などの一次産業に従事している。一方で、就労人口は250万人に満たないと推計されている金融や創薬、研究開発などのハイテク分野が国内総生産の35%を占めている。この生産性の非対称性から生じる所得格差と、それを背景とするフロントライン・ワーカーの人手不足が深刻な問題となっている。

国名

統一政府樹立にあたり、言語学者エルヴィン・マリアンが低地地方、バルト海沿岸地域、スカンジナビアを総称する言葉として「エーレスラント」と定義した。英語の正式名称はKingdom of Ehlessland union: KEU で直訳ではエーレスラント王国連合となる。王国の連合ではなく、多様な統治形態と多様な民族の集合からなる連合国家であるため、正式訳としてエーレスラント連合王国が採用されている。略称として「エーレスラント」「北ヨーロッパ連合」「連合王国」などがメジャーである。

なお、エーレスラントは正式な学術用語ではなく、政府の略称またはエーレスラント政府が支配する領域を指すために用いる場合を除いて、公文書において使用することは不適当とされている。

歴史

低地地方条約機構とスカンジナビア連合王国

大国からの独立と中立を守るために、1910年にスカンジナビア連合王国と低地地方条約機構が安全保障条約を締結。北ヨーロッパ包括的安全保障条約と名付けられたこの同盟関係は、単なる軍事同盟の関係を超えて、自由貿易やビザ免除などの様々な協定の親となった。1933年、連合王国と低地地方条約機構は「段階的な両国の融合」を宣言。完全な共和制を目指す低地地方条約機構と、貴族制を維持したい連合王国の間で交渉は長引いたものの、38年には統一政府が成立。1938年7月4日に初代行政府院長ヨハン・ハルデマンと初代国王エピネフリンが共同で建国を宣言。この日をもってエーレスラント連合王国の建国記念日としている。

ブレーメン王国の併合

エーレスラント新政府はアムステルダムからベルリンに至るまでの様々な小政府を飲み込み成立した連邦国家として、北ヨーロッパでのプレゼンスを向上させていた。急成長期に至った新政府は、列強諸国に比肩する勢力を得るべく、中央ヨーロッパの一大独立国家であるブレーメン王国に対して併合を打診した。軍事同盟のみに留め、主権の留保と独立自治を求めたブレーメン王国との交渉は難航し、1941年までの併合を公約に掲げていたクノール政権は失脚。後任に強硬派のアダム・タルムンドが就任する。

一切の譲歩を見せないブレーメン王国に対して、業を煮やしたタルムンド政権はブレーメンマルクと金の交換を凍結することを表明。金本位制の当時、純金の輸入をスウェーデンに頼っていたブレーメンにとって、この事態はまさに致命的な経済制裁となった。

アムステルダム銀行頭取のアダム・ファン・リンデン率いる金融管理委員会は暴落したブレーメンマルクを133億マルク購入、独自レートで金との交換を請け負うと発表した。この一連の経済制裁をもって、世界初の中央銀行の敵対的買収を成功させた。ファン・リンデンは直後に暗殺されているが、実行犯は未だに分かっていない。

経済力の逆転

建国当初から鉄鉱石や貴金属、豊かな漁業海域を占有するスカンジナビア地方と、東南アジア植民地からの農作物や軽工業製品の貿易に頼る低地地方では大きな経済格差が存在した。資源の多寡は20世紀中盤において決定的な経済格差であり、この差は埋まることはないと考えられていた。しかし、植民地の独立によってわずかな収入源も絶たれた低地地方諸国は金融や海運を挙国一致の体制で盛り上げ、その格差は次第に埋まっていった。

格差の解消の見通しが立った政府は、従来の社会主義的な高負担高福祉政策を撤廃。市場の自由化に舵を切った。法人税や資産税が大幅に減税された結果、金融市場はさらにヒートアップし、1989年にはアムステルダム特別区の平均所得がオスロ州、ストックホルム州を抜き、ユトランド州とシェラン特別区に次ぐ国内3位に躍り出た。

スカンジナビア地方においても、北海油田やイェリデヒ鉱山が採算ベースに乗り、これらの労働力集約型産業は強力な失業者のセーフティネットとして機能したため、経済は比較的安定している。

脱産業化の時代

2010年代からエーレスラントは急速に脱産業化を進めていく。コペンハーゲンを中心とした海運と金融、研究開発産業などを残して多くの自治州の独立を認めた。

国民

人種

エーレスラントは世界でも有数の多民族国家である。2018年の人口統計によると、マルチカルチャー43.4%、ノルマン人(北部ドイツ、スカンジナビア系)22.4%、ネグロアフリカ系12.6%、アジア系4.8%、ラテンアメリカ系0.9%、その他11.8%となっている。エーレスラントは北欧圏であるためにノルマン系が多いと思われがちだが、もっとも多いのは低地地方系で、その次がアイルランド系、3番目にデンマーク系となっている。

市民権

諸外国と同じように選抜試験によって外国人であっても市民権を得ることができる。試験は予備試験と本試験に分けられる。

政治

政治のトップカスカータ・アルノ
議会連合立法府?
与党リズミー派?

議会

  • エーレスラントの議会?参照。

選挙

  • エーレスラントの選挙?参照。

政策

政策一覧

王室
スカンジナビア連合王国の血統を継承している。第19代国王エルワイズが、エーレスラント建国をもって第3王女エピネフリンに王位を継承し、以降6代にわたって王位が継承されている。法的な地位としては「エーレスラント王位の後継者を指名する権利を持つスカンジナビア王」となっている。

歴代国王

名前代数在位
エピネフリン一代目1938〜1945
エレン二代目1946〜1960
エラ三代目1960〜1989
エルス四代目1989〜2010
エヴァ五代目2010〜2017
エルマ六代目2017〜

外交

条約による経済同盟

友好国

経済

憲法

  • エーレスラント憲法?参照
教育
  • エーレスラントの教育?参照
制度
行政
  • エーレスラントの行政区分?参照
地理
  • エーレスラントの資源?参照

貿易

各国との貿易

文化・世界遺産

  • エーレスラントの農業?参照
  • エーレスラントの世界遺産?参照

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

絶対確認しろ

運営の補助記事

内政・外交

立法

行政

司法

金融

観光

インフラ

軍事

軍事

産業

宇宙}

その他

その他

ランキング

メンバーのみ編集できます