イエマンジャ・システム
種別海洋総合システム
''運用/管理'‘海洋技術総合司令部
運用開始2021年
構成南大西洋船舶管制ネットワーク
南大西洋ケーブルネットワーク
新生ブラジル帝国海洋観測ネットワーク
ALS型観測衛星
イエマンジャ・システム新生ブラジル帝国の海上保安ネットワークの総合管理システムである。
南大西洋船舶管制ネットワーク南大西洋ケーブルネットワーク新生ブラジル帝国海洋観測ネットワークの3つのネットワークを、海洋技術総合司令部内の運用センターにて管理する。
このシステム運用にあたり、ALS型観測衛星が専属で運用されており、航空宇宙技術総合司令部の人工衛星管理センターから、直通でデータが送られている。

概要

イエマンジャ・システムは平たく言うなら、海上/海底を監視し、船舶や沿岸域の存在を、適切な場所にナビゲートするシステムである。
それは船舶や沿岸域の避難ナビゲートだけでなく、対応組織の船舶、航空機、車両をスムーズに現場にナビゲートする。
新生ブラジル帝国戦術航海システム等は、イエマンジャ・システムの恩恵をかなり受けている。

イエマンジャとは

イエマンジャ・システムの名前の由来になったカントンブレの女神の名前。
カソリックフォークにおいては、聖マリアと習合しており、日本国で言うなら宗像三神や弁天様の様な扱いになる。
川の女神だったが、海を渡る奴隷船の劣悪な環境から奴隷達を守る信仰へと変化した女神でもあり、南大西洋の女神とされている。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

絶対確認しろ

運営の補助記事

内政・外交

立法

行政

司法

金融

観光

インフラ

軍事

軍事

産業

宇宙}

その他

その他

ランキング

メンバーのみ編集できます