アルゼニア級ミサイル巡洋艦
艦級概観
艦種ミサイル巡洋艦
運用者アレイトス連邦海軍
級名''アルゼニア級ミサイル巡洋艦'
建造期間約3年
就役期間2008年〜
除籍
建造費20億マルク
建造所アルゼニア連邦海軍工廠、旧ガーレ海軍工廠
性能
排水量17890(トン/t)
全長257(m)
全幅24(m)
吃水12(m)
機関AF原子力駆動タービン
出力98000(hp)×4
速力32(ノット)
乗員970(名)
兵装55口径12,5cm単装速射砲 5基5門
30mmファランクスガトリング砲 3基
25mmファランクスガトリング砲 3基
65cm連装囮魚雷発射管 2基
多用途ミサイル 2基
~
搭載機対潜哨戒ヘリ3機
イージスシステム~ライヒ祁
レーダーAFS射撃管制レーダー厳
AFSソナー祁
AFT多機能レーダー
AFFファランクス管制レーダー
~

概要

グロース・ドイッチュランド級ミサイル巡洋艦の後継艦として2008年から就役し始めたミサイル巡洋艦。肥大化し過ぎた前級よりも小型化され、さらに対空火器数も減少している。ゴテゴテと大量に搭載されていたミサイル類は全て多用途ミサイルに換装され数を減らした。またブリッジの主要部に複合装甲を、艦の重要区画には200mm装甲を施し、現代では珍しい装甲艦となっている。搭載している原子炉は発電も可能であり、被災地等電気が必要な地域に派遣され電力を供給したこともある。本級は大型物資保管庫があり12tもの物資を輸送することも可能な災害救援艦としても設計されている。さらに臨時避難所にもなる予備兵員室も備えており、現在まで戦争よりも被災地支援に貢献している。艦隊の旗艦として行動することが大半である。

武装

55口径12,5cm単装速射砲

アレイトス海軍が巡洋艦クラスの主砲として運用している速射砲。陸軍との共同開発であり、陸軍でも125mm滑空砲として採用されている。弾薬数は一砲塔につき300発である。射撃管制レーダーにより管制され高い命中率を誇り、限定的だが対地攻撃も可能である。有効射程距離は10000m、最大射程距離は12400mとなっている。

ファランクスガトリング砲

本級には30mm型と25mm型が搭載されており、それぞれ独立したレーダーで管制すると互いに干渉してしまうため同一のレーダーにより管制されている。主に敵ミサイルの撃墜や敵戦闘機の戦闘を行う武装であり、艦の近接戦闘能力を左右することもある。各砲台の搭載弾数は28000〜32000
発である。最大射程は30mm型が9000m、25mm型が11000mである。いずれも近接戦闘向けなので射程は短めである。30mm型の有効射程距離は7000m、25mm型は9000mとなっている。イージスシステムにより多用途ミサイルと同調して射撃することもあり、本級の対空防衛能力の要となっている。

65cm連装囮魚雷(デコイ)発射管

アレイトス海軍が所属する全ての艦艇に装備しているデコイ。連装発射管を両舷一基ずつ装備している。最大射程は12km程で潜水艦対策に搭載されている。敵魚雷を引き付け艦を守るのが使命である。

多目的ミサイルについて

アレイトス連邦海軍が主力艦艇に搭載しているミサイル兵器。対空、対地、対艦、対潜の4つの攻撃を用途に分けて行える。ハプーンミサイルの改良強化型であり、アレイトス連邦が誇る新鋭兵器の一つである。最大射程は170kmであり、撃破を狙える有効射程距離は130kmとなっている。まだまだ改良が必要であり、日々不具合が見つかるため技術者泣かせの兵器となっている。炸薬量は90kg。必ず当たる訳ではなく途中で撃墜されたりすることがある。最高高度は30km、最高速度は約1100km。現在後継型が研究中であり最高速度9000kmを目指している。

AFMS対潜哨戒ヘリ

アレイトス連邦海軍及び空軍が運用する哨戒ヘリコプターであり、2010年に採用された比較的新型のヘリコプターである。武装は30mm機関砲が2基6門、対潜魚雷が2基である。上昇限界高度は5000m、最高速度は262kmとなっており、比較的高速である。本級では3機を搭載し、またその全てを格納できる能力がある。

機関

2基の原子炉と4基のタービンを搭載しており、最大速力32ノットを誇る。馬力は一タービンにつき98000hpであり、かなりの高出力である。前述した通り原子炉に接続する形で発電機があり、発電することが可能である。発電量は3200世帯に一週間電力を供給する程度である。本級は原子力艦艇であるため理論上航続距離は無限である。

レーダー

AFS射撃管制レーダー厳

速射砲の射撃を管制するレーダーである。レーダーとコンピュータの連携により素早く敵戦闘機の速度・高度を確認・捕捉し、またコンピュータにより未来位置を予測し正確な射撃をすることが可能となっている。基本的には捕捉次第射撃することがプログラムされているため、迅速な射撃を高速で行う。

AFSソナー祁

アレイトス連邦が運用する対潜ソナーであり、それの改良型祁措位椶箸覆辰討い襦4呂鮹羶瓦鉾招70km、深度600mまでの潜水艦を捕捉することができる。多用途ミサイルとの連携により捕捉次第撃破することが可能である。精度がまだ甘いため、さらなる改良が待たれる。

AFT多機能レーダー

ブリッジ側面に設置されているレーダー。その名の通り複数の任務に利用することが可能である。イージスシステムの主要レーダーの一つである。

AFFファランクス管制レーダー

ファランクスを管制するレーダーである。多機能レーダーとの連携により迅速な射撃を行うことができる。主な任務は敵巡航ミサイルの撃墜を主任務とするファランスのファランクスの補助である。

艦名の由来

本級の艦名の由来はアレイトス連邦の主要都市名である。主に構成国の首都が艦名に選出されることが多い。

同型艦

アルゼニア

ガーレ

ケーニヒ

ワシャルワ

ジウーファ

ベルク

リロングウェ

サンチアゴ

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

絶対確認しろ

運営の補助記事

内政・外交

立法

行政

司法

金融

観光

インフラ

軍事

軍事

産業

宇宙}

その他

その他

ランキング

メンバーのみ編集できます