アグリャス・ネグラス陸軍学校
種別陸軍士官学校
学長陸軍中将
副学長陸軍少将
所在地新生ブラジル帝国帝室直轄領国レゼンデ市
アグリャス・ネグラス陸軍学校新生ブラジル帝国陸軍の士官学校。
帝室直轄州(新生ブラジル帝国)?内の新生ブラジル帝国陸軍第1軍司令部の有るらレゼンデ市(原子力研究所のある街}の郊外に有る。

概要

アグリャス・ネグラス陸軍学校の前身は18世紀初頭に、ポルトガル王国により設立された砲兵学校となる。
ブラジルがブラジル帝国として独立した1822年からも、砲兵学校は継続されるが、共和制となってから、現在の様な近代軍事学校へと再編される。
アグリャス・ネグラス陸軍学校に入学するには、まずサンパウロ州?カンピナス市?にある陸軍士官候補生予備校に合格し、1年間の教育を受けることになる。
予備校にて1年間の教育を済ませた後、希望者はアグリャス・ネグラス陸軍学校へとエスカレーター式に入学出来るシステムである。

施設

アグリャス・ネグラス陸軍学校は67km²の総面積を占め、内部には校舎、宿舎兼食堂、
校舎の近くには、各コースの訓練場、乗馬場、特別訓練場、射撃場等がある。
士官候補生は週末と日曜日には外出許可が出るが、主に日曜ミサ等のカソリック関係に起因した許可となる。
また、郊外にある海抜2792メートルのアグリャス・ネグリャス山は学校の名前であると共に、士官候補生達の訓練場にもなっている。

教育課程

教育部隊は司令官、副司令官、教官、一般スタッフがおり、課程毎の教官と士官候補生で構成されている。
教育課程は歩兵課程、騎兵課程、砲兵課程、整備課程、部隊指揮課程、の5つの課程に加え、観察力と精神力の強化と、感情をコントロールする課程の開発に取り組み、士官候補生のリーダーシップスキルを向上させる事を目的とする総合課程となっている。

駐留部隊

●教育中隊
●憲兵中隊
●警備中隊
●設備中隊

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

絶対確認しろ

運営の補助記事

内政・外交

立法

行政

司法

金融

観光

インフラ

軍事

軍事

産業

宇宙}

その他

その他

ランキング

メンバーのみ編集できます