アガルタラ
基本情報
インド共和国
トリプラ州
面積76.504㎢
総人口400,004人
人口密度5,200/㎢
UTC+5:30



概要

アガルタラは、インドのトリプラ州の州都であり、インド北東部ではグワハティに次ぐ第二の都市である。アガルタラ市は、バングラデシュとの国境近くのハオラ川のほとりに位置し、インド共和国直轄領バングラデシュの首都ダッカから東に約90kmの距離にある。アガルタラ市は、インド政府の計画であるスマートシティミッションの下で開発が進められている。
アガルタラは、ムンバイとチェンナイに続くインドで3番目の国際インターネットゲートウェイである。

歴史

トリプラの最も初期の王の一人はパタルダンで、マニキア王朝よりもずっと前の紀元前1900年のことだ。伝承によると、チトララート、ドリクパティ、ダルマパ、ロクナート・ジバンダーランは、紀元前のアガルタラの時代に重要な王であったとされている。
過去には、トリプラはいくつかのヒンドゥー王国の首都として機能していた。支配者の年表は見つかっていないんが、記録によると、トリプラには、神話上の王ドルヒヤからトリプラ最後の王キリト・ビクラム・キショア・マニキアまで、179人ものヒンドゥー教の支配者がいたことが明らかになっている。また、トリプラはムガール帝国の支配下にあった。1808年にはイギリスの統治下に入った。
その後、当時の藩王国「スワディン・トリプラ」の首都は、ゴマティ川のほとりのランガマティ(ウダイプール、南トリプーラ)にあった。1760 年には、マハラジャ・クリシュナ・チャンドラ・マニキヤ・バハドゥール(1829-1849)によって、ハオラ/サイドラ川のほとりにある現在の古いアガルタラに移され、「Haveli」と名付けられた。Kukisの頻繁な侵略のために、また、英国ベンガルとの容易な交通を維持するために、マハラジャ・クリシュナ・チャンドラ・マニキヤは、1849年に古いHaveliから新しいHaveli(現在のアガルタラ)に首都を移動する作業を開始した。
イギリスの治世間に、アガルタラは藩王国の首都となっていた。それは1874年から75年の間に自治体となり、1901年には9,513人の人口となっていた。藩王国は常に英国と他の多くの侵略者にケーキとして残されていた。例えば、アラカンの兵士が州の古都を攻撃したとき、トリプラの王は全軍を倒すことで対応した。アガルタラ市は、マハラジャ・ビル・チャンドラ・マニキア(1862-1896)の治世である1871年に王室の宣言によって875人の人口を持つ8㎢の範囲内に設立された。藩王国の最初のイギリス人政治家であるA.W.S.パワーは、1872年にアガルタラ市の議長に任命され、1872年から1873年までその職に就いていた。
バー・ビクラム・キショア・デバルマンは、アガルタラ計画都市の創始者と呼ばれている。彼はイギリスに留学し、藩王国に戻った後、彼はイギリス様式でアガルタラを作ることを決めた。1940年代には、新しい道路や市場の建物が整備され、町は計画的に再開発された。
アガルタラの推定人口は、市制拡張後の2014年には5,22,603人となっている。(2001年国勢調査では189,327人)。
1901年から1971年まで、都市はわずか8㎢で無視できるほどの開発の進展にとどまっていたが、1981年からアガルタラは58.84㎢となり、その都市面積と共に様々な分野での接続性を拡大した。東インド会社はこの州の王都には到着していなかったが、占領し統治することに成功していた。東インド会社は、シロンを首都とするアッサム州に北東インドの拠点を置いていた。

気候

アガルタラはハオラ川に沿った平原に位置しているが、都市はまた、その北部の低地の丘陵地帯に広がっている。
アガルタラはモンスーンの影響を受けた湿度の高い亜熱帯気候(ケッペンCwa)で、熱帯サバンナ(Aw)/熱帯モンスーン(Am)気候の境界線として資格を得るのに十分な暑さである。乾季の「冬」または「涼季」を除き、年間を通じて大量の雨が降る。4月から10月までは暑くて雨の多い夏が長く続く。平均気温は約28℃で、降水量によって変動する。11月中旬から3月上旬までの短い、温暖な冬があり、ほとんどが乾燥した状態で、平均気温は18℃前後。訪問するのに最適な時期は、9月から2月までである。夏は長く、日照時間も長く、暖かい日が多い。雨はこの季節に頻繁に発生し、市内はよく浸水している。ハオラ川が市内を流れ、モンスーンの時期には水があふれたままである。

統計

2011年のインド国勢調査では、アガルタラの総人口は404,004人で、そのうち男性は200,132人、女性は199,872人であった。0歳から6歳までの人口は35,034人である。アガルタラの識字者の総数は344,711人で、男性の識字率は87.53%、女性の識字率は84.82%で人口の86.18%を占めている。アガルタラの有効識字率は、男性の識字率は96.2%、女性の識字率は92.8%であり、平均すると94.5%であった。アガルタラの性比は、男性1,000人あたり女性999人であった。
1941年のアガルタラの人口は17,693人であったが、1991年には157,358人に増加している。 アガルタラでは公用語であるベンガル語が主要言語であるが、英語も州内の一般的な言語である。2011年の国勢調査によると、人口の94.09%がヒンドゥー教徒、4.37%がイスラム教徒、0.99%がキリスト教徒、0.28%が仏教徒である。
主にベンガル人とトリプール人で構成されている。ベンガル語が広く話されているのは、かつての藩王国の庇護と、バングラデシュのコミラ、シレット、ノアカリ、チッタゴン地区からのベンガル人の流入が多かったためである。ドゥルガ・プジャとサラスワティ・プジャは、ベンガル人の文化の影響を反映して、非常に壮大で恍惚とした情熱で祝われる。そのため、ほぼすべての祭りは多様な背景を持つ市民の参加を集めている。
また、トリプリ族の人口も増加している。トリプリ族のお祭りの中で最も有名なのは、カルチ、ガリア、ケルのお祭りと、トリプリの新年を祝うトリングのお祭りである。主なトリプリ族の居住地域は、アホイナガル、バナマリプール、クリシュナガル、ナンダナガル、クンジャバンなどの地域で、トリプーラの他の地域からアガルタラへの大量移住が始まっている。

地域

アガルタラ市は、ベンガル語で "地域 "を意味する多くのパラで構成されている。近所またはパラの各コレクションは、通常、市区または部門です。市役所の管轄下にある49の区がある。
プラタプガー、マス・チャウムハニ、カシャリ・パティ、ケル・チャウムハニは市内にいくつかある重要な場所である。最大のガジュマルの木の1つは、Ker Chowmuhaniに位置している。その木の下には、シヴカリ寺院がある。これは、アガルタラで最も平和な寺院の一つである。
カマン・チャウムハニは最も重要な場所であり、街の中心部の一部でもあります。カマン・チャウムハニという名前は、英語で「大砲」を意味するベンガル語のKamanに由来している。
クリシュナガールは、市内で最も人口密度の高い部分の一つである。それはJagannnatha寺院、Laxminarayana寺院、Durgabari寺院とAlpkhbaba寺院のようなアガルタラの最も訪問された寺院を構成している。ラダナガルにはバス乗り場があり、バスや他の車で州の北部へとつながっている。シブナガルは、州で最も古い大学であるマハラジャ・ビル・ビクラム・カレッジと市内を結んでおり、ラムナガルはトリプラ州で最も人口が密集している地域である。ラムナガルの長方形の格子状のネットワークは、ラジャ家の規則に基づいて、市内で最も早い時期に計画された近隣地域の一つになっている。この地域には12の部門があり、多くのクラブがドゥルガー・プジャを行っています。Joynagarはアガルタラの地域であり、それは6つのレーンを持っている。ドゥルガーの儀式を行う4つのクラブがある。Joynagerの最も近いランドマークは、州の重要なビジネスハブのバッタラ市場の一つである。
AbhoynagarとArundhutinagarは、市内の2つの住宅地であり、他の1つ(Arundhutinagar)は、市内中心部から5キロ離れた場所に位置しており、人口が密集している、首都の鉄道駅はここに位置している。
ゴルバザールは、トリプラ州で最も重要なビジネスの中心地であり、最大の市場でもある。製品はこの地域から多くのインドの都市に輸出されている。この市場はインドの独立前にトリプーラの王によって設立された。
グルカバスティは市内最大のスラム街の一つであり、州政府はこの街をスラムのない街にしようとキャンペーンを展開しており、人々の避難が進められている。クンジャバンに来て、主に政府の建物や地域を含む西トリプラ地区の国勢調査の町である。州政府の事務局と座席はこのエリアに位置している。ニュー・キャピタル・コンプレックスはクンジャバンに位置しており、市内の計画的で近代的なエリアとなっている。事務局と州議会は、新しい知事の家と一緒にここに位置している。
カレッジティラは、1947年にマハラジャ・ビル・ビクラム・キショア・マニキアによって設定された歴史的なマハラジャ・ビル・ビクラム・カレッジで構成されている。それは、多くの政府職員のいくつかの地域に囲まれている。MBBクラブ、インドラナガル、BholagiriとBhati Abhoynagarは、市内に存在する住宅地である。79ティラは、BSNLオフィス、電気事務所、地質調査事務所などの主要なオフィスとアガルタラのもう一つの重要な部分である。それは、都市の中心部から約2.5キロに位置している。
GBバザールは、市内中心部から2キロに位置しているこの状態の別の重要な市場である。アガルタラ政府医療カレッジはここに位置している。
Amtali、カレッジティラ、Jagaharimura、Ganaraj Chowmuhani、Durjoynagar、Bardowaliは、市内のいくつかの重要な場所である。
バッタラは市内の商業エリアで、ベンガル語ではボッタラと呼ばれることが多い。また、アガルタラのエレクトロニクス市場として知られている。製品は海外から輸入されており、布やアクセサリーなども安く手に入る。
メラルマスは市内で最も重要な地域の一つであり、電子ビジネスの中心地でもある。メラルマスカリバリ寺院は、アガルタラの寺院の一つである。
Khayerpurとチャンドラプールは、国道44号線に位置している。
これらの地域は、北バナマリプール、マディヤバナマリプール、南バナマリプールなどに分かれているバナマリプールなどの住宅ブロックに細分化されている。
2004年からはアガルタラ市議会がさらに拡張され、2001年国勢調査の16k㎢、人口20万人に加え、Dukli R.D. Blockの16村、Mohanpur R.D. Blockの7村、Jirania R.D. Blockの2村が面積43㎢、人口178,495人となっている。

行政

アガルタラ市は、4つの地域の下に49の市区に分割されたアガルタラ市公社(AMC)によって管理されている。北、南、東、中央の4つの地域に分かれている。各区には選挙で選ばれた区代表者または市議会議員がいる。郵便行政のために、市は郵便区域に分割されている。市区の全リストと市区ごとの位置は下表の通りである。

政治

1956年11月1日、トリプラ州は連邦準州となり、最高長官に助言を与えるための諮問委員会が設置された。1957年8月15日、選挙で選ばれた30人の議員とインド政府が指名した2人の議員で構成される評議会が設立された。1963年7月1日、トリプラ州の領土評議会は解散し、既存の領土評議会のメンバーで構成される立法議会が設立された。トリプラ州は、他のインドの州と同様に議会制の代表制民主主義で統治されている。住民には普遍的な選挙権が与えられている。トリプラ州政府は、行政、立法、司法の3つの部門から構成されている。トリプーラ州立法議会は、選挙で選ばれた議員と議員から選ばれた特別議員で構成されている。議会は議長が、議長が不在の場合は副議長が議長を務める。下院は一院制で、立法議会(MLA)の議員は60名である。アガルタラ議会の小選挙区はトリプーラ西部の一部である。インド共産党(マルクス主義者)とインド国民会議との間では、常に政治的衝突が頻繁に起こっている。
1947年にインドが独立した後、トリプーラはまだ藩王国であった。1947年5月17日に最後の国王マハラジャ・ビル・ビクラム・キショア・マニキヤ・バハドゥールが死去した後、王子キリット・ビクラム・キショア・マニキヤ・バハドゥールの援助のために、マハラニ・カンチャン・プラヴァ・デヴィが長を務める摂政評議会が結成された。摂政はインド政府と合併協定を結んだ。合併後、トリプーラはパートC州となった。1956年11月の州の再編成により、トリプーラは連邦準州となり、チーフコミッショナーを支援し助言する諮問委員会が設置された。トリプラ州は1972年1月21日に州としての地位を得たが、1949年にインドと合併したため、1963年7月1日に初代州長に就任したインド国民会議のSachindra Lal Singh氏が約3,046日間州のコミッショナーを務めた。1978年1月5日からは、Nripen Chakrabortyがトリプラ州初の共産主義者の州長となり、議会の支配は終焉を迎えた。その後、再び共産主義者が倒れ、INCが台頭して1992年まで政権を握っていましたが、1993年からは再びCPI(M)が政権を握るようになりました。Manik Sarkarは1998年3月11日から2018年3月まで州のCMを務めた。2018年のトリプラ州議会選挙では、BJPが59議席中36議席を獲得し、CPI(M)を破りました。BJPのBiplab Kumar Debがトリプラ州の州長として宣誓した。
アガルタラはいくつかの政府機関によって管理されている。アガルタラ市公団(AMC)は、49の区からなるアガルタラ市の市民インフラを監督・管理している。各区はAMCの評議員を選出します。各区には、各区を代表して選出された評議員からなる委員会が設置されています。この自治区委員会を通じて、AMCは都市計画を行い、道路、政府支援の学校、病院、市営市場の維持管理を行っている。

交通

空港

アガルタラは、マハラジャ・ビル・ビクラム空港を経由してインドの他の都市と空路で接続されている。コルカタ、インファル、グワハティ、バンガロール、ニューデリーへの直行便がある。AAIのレポートによると、アガルタラ空港はインド北東部でグワハティ空港に次いで2番目に利用者の多い空港である。空港はアガルタラの中心部から北西に12.5kmのシンガービルに位置している。主な航空会社はエア・インディア、インディゴー、エアアジア・インディア。国際空港化に向けて建設中である。
計画は、建設中の新しいターミナルとより良い設備と近代的な機器と一緒に、より多くのエプロン、滑走路の拡張、より良いCATとナビゲーションシステムと一緒に空港の建物をアップグレードするために渡された。

道路

国道8号線はアガルタラとアッサム、そしてインドの他の地域を道路で結んでおり、トリプラのライフラインとしても知られている。高速道路(NH44、NH44A)はアガルタラとシルチャール(317km)、グワハティ(599km)、シロング(499km)、ダルマナガル(200km)、アイザウル(443km)を結んでいる。ダッカ(150km)とはバスサービスで結ばれている。
  • 国道44号線(インド)-トリプーラからシロング、ミゾラム(NH 44A)へ接続
  • 国道44A号(インド)-トリプラからミゾラムまでを結ぶ
アガルタラはトリプーラ州の他の地域と道路でよくつながっている。国道44号線が南に延長されたことで、アガルタラとトリプーラ州南部との間の道路接続が改善された。バス、ジープ、トレッカー、SUVが最も一般的な移動手段であり、自動車やバンは通常、民間のレンタルに使用されている。高速道路は丘陵地帯を通過しており、市内から北に向かって移動している間は、緑豊かなバラムラ丘陵地帯、アサラムラ丘陵地帯、ロンタライ丘陵地帯を体験することができ、南に向かって移動している間は、デバタムラ丘陵地帯を見ることができる。
市内の公共交通機関の主なモードは、サイクルリキシャ、自動リキシャ、バスのネットワークで構成されています。交通渋滞を緩和するために、2.26kmの長さのフライオーバーが建設されています。

鉄道

2008年以来、アガルタラはアガルタラに位置するバダルガット鉄道駅によってインドの他の都市に接続されている。クマルガット-アガルタラ間119kmの鉄道プロジェクトの礎石は1996年に首相によって敷かれた。
アガルタラは、国の鉄道網に接続されている北東部の第二の首都(アッサム州グワハティに次ぐ)である。鉄道駅は市内中心部から約5.5kmに位置しており、駅から市内へは多くの交通手段が利用できる。
Lumding-Silcharセグメントのブロードゲージ化工事は2015年3月に完了した。アガルタラまでのゲージ変換工事は2016年3月末までに完了し、アガルタラ-シルチャール間の鉄道敷設が開始された。クマルガットからアガルタラまでの鉄道敷設の際には、迅速に広軌に変換するための規定が残されていた。現在では、アガルタラからダルマナガルとシルチャールへのローカル列車が機能している。アガルタラからデリー、コルカタ、グワハティ、ディブルガーまでを結ぶ急行列車の建設が始まっている。アガルタラ-サブルーム間のローカル鉄道が機能するようになった。トリプーラ鉄道ラージダーニ、シャタブディ、ジャンシャタブディ、ガリブラス、デュロント、ユヴァ、ACトレインとの接続。2011年9月、バングラデシュのアガルタラとアカウラを結ぶ鉄道の建設がインド政府によって承認された。 IRCONは、インド北東部とチッタゴン国際海港を直接結ぶ全長15kmの線路を建設している。TripuraSundari ExpressとRajdhani Expressは、アガルタラとデリーのAnand Vihar Terminalを結ぶ週1回の超高速列車である。その他にも、Deoghar express (weekly)、Sealdah行きのKanchanjungha Expressが週4日、Agartala-Habibibganj weekly special train、Bengaluru行きのBi-weekly Humsafar Expressがアッサム、西ベンガル、ビハール、ジャールカンド、マディヤ・プラデシュ、ウッタル・プラデシュ、オーディシャ、アンドラ・プラデシュ、タミル・ナードゥ、カルナタカの各州との間を結んでいる。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

絶対確認しろ

運営の補助記事

内政・外交

立法

行政

司法

金融

観光

インフラ

軍事

軍事

産業

宇宙}

その他

その他

ランキング

メンバーのみ編集できます